映画・テレビ・舞台・展覧会

喫茶ガボール

アコーディオンの都丸智栄氏と、ヴァイオリンの磯部舞子(べちこ)嬢のユニット「とまべち」のライブを聴きに、
京都の木屋町にある喫茶ガボールへ。

1705080001 1705080002

お店は、映画やお芝居などのポスターが貼られた壁沿いに階段を下りた地下。
店内は、レビューを終えた踊り子さんの白粉の香りが漂ってきそうな、
「ちょっと怪しげな巴里」といった雰囲気です。
(あ、実際にそんな香りはしてません(^^;)

1705080004 1705080005

こちらでは、今はなき喫茶店「コロナ」のサンドイッチを再現したものがいただけるというので注文してみました。

コロナの玉子サンドイッチ・元味  680円

1705080006r

ふわふわもちもちのパンに、ぷりんとした食感の厚焼き卵。
デミグラスソース?の甘さもあって、やさしい味わい。
サンドイッチだけど、卵焼きがこのボリュームなので、手に持って食べるのはムリでした(笑)。

note

ライブは、ギターのウエッコ氏に、ベリーダンスのminori氏も加わって、
どこを見たらいいかしら?と迷うくらいの豪華版。
ステキな夜が過ごせました♪

4月文楽公演

文楽の4月公演第2部を見に国立文楽劇場へ。

国立文楽劇場

1704270002 1704270007

第1部は六代豊竹呂太夫襲名披露公演ということで、劇場の正面には色とりどりの襲名幟がたてられていたりも。

第2部の演目は「楠昔噺(くすのきむかしばなし)」の碪拍子(きぬたびょうし)の段、徳太夫住家(とくだゆうすみか)の段と、
曽根崎心中」の生玉社前(いくたましゃぜん)の段、天満屋の段、天神森(てんじんのもり)の段。

1704270003

「楠昔噺」は、「祖父は山へ芝刈りに 祖母は川へ洗濯に」というサブタイトル?がついているので、
ほのぼののんびりの昔話系ストーリーと思っていたら、なかなかどうして。

子連れ同士の再婚ながら、お互いを思いやって仲むつまじい老夫婦が、
連れ子が敵味方に分かれてしまったことによって悲しい末路を迎えてしまうというお話で、
「爺、婆」ではなく「祖父、祖母」と表記されている意味がわかるセリフでは涙腺崩壊cryingでございました。

「曽根崎心中」は、有名な話ですが、見るのは初めて。
お初の動きが愛らしく美しく、心中に向かう天神森の段は、心がぎゅーっと痛くなりました。

でも、今回の二つの演目なら、私は楠昔噺の方が好みかもcoldsweats01

*-*

1階ロビーには浄瑠璃人形の「くいだおれ太郎」さん。

1704270005r

本家のくいだおれ人形は、創業者が人形浄瑠璃をもとに考案し、
淡路島・洲本市由良町出身の文楽人形師、藤本由良亀氏が製作したものだったそう。

隅っこの方にいるから、今まで全然気づきませんでしたよsweat01

なんば経済新聞 2008年06月07日 くいだおれ太郎が浄瑠璃人形に 

*-*-*-restaurant-*-*-*

観劇前の腹ごしらえは、文楽劇場の東横にあるおこのお店で。

うどん屋麺之介 大阪店
1704270010

九州の 「津田屋流 豊前裏打会」に属するうどん屋さんだそうです。
北九州や福岡は、うどんも名物なんですね。知らなかった。

津田屋流 豊前裏打会 公式サイト

いただいたのは、「ごぼう天ぶっかけ(冷)」720円と「かしわめしのおにぎり」150円。

17042700100

うどんの上には、「鏡よ鏡…」なーんて言いたくなっちゃうような大きなごぼう天と、
大根おろしとおろししょうがとネギ、刻み海苔が乗っています。

1704270015r 1704270012

甘くてサクサクのごぼう天と、艶やかで滑らかで喉越しの良いうどんに、
しょうがと海苔がいいアクセントになって、めちゃめちゃ美味。

おにぎりも、鶏の旨味じんわりで、大満足のごはんになりました。

これから文楽観劇の時の食事は、ここにしようっとhappy01

Bright Lights Winter concert

『阪神・淡路大震災&熊本地震チャリティーコンサート Bright Lights, Winter concert 
-輝きの響きとともに、八神純子&大江千里を迎えて-』に行ってきました。

Imgp0388

会場は、西宮北口にある「兵庫県立芸術文化センター」。

170118002

プログラムはこんな感じ↓

170118000200

オーボエやピアノの優しい音色、
関西学院グリークラブの若々しくも落ち着いたパフォーマンス、
八神純子さんの艶やかで伸びのある歌声、
大江千里氏の温かくワクワクするジャズピアノ、
どれも素晴らしく、なんだか涙が出そうになったりも。
「音楽の力」をビシビシ感じるコンサートでした。

入場は無料で(要整理券)、
「当日は、阪神・淡路大震災&熊本地震の被災者の方々への義援金のご協力をお願いさせていただきます。」
とのことだったので、心ばかりの協力をさせてもらいました。
この場に参加できたことに感謝ですshine

神戸新聞NEXT 2017/1/19 21:50 大江千里さんらが出演 西宮でチャリティー公演
 コンサートの模様が、動画でもちょっとだけ見られます。

初春文楽公演

初春文楽公演の第1部を観に国立文楽劇場へ。

1701180001

「初春公演」ということで、ロビーには「餅花」が飾られていたり、
「にらみ鯛」のレプリカが置かれていたりと、華やかな雰囲気です。

1701180003 1701180002

「にらみ鯛」というのは、お正月用の尾頭付きの鯛の塩焼きのこと。
関西には、三が日の間は、この鯛に箸を付けず、お膳の前に供えておく風習があり、
食べずにただ睨むだけだから「にらみ鯛」と呼ばれているそうです。

そして、上方の劇場では、戦前から正月飾りとして舞台にも飾られ、
新春の風物詩として親しまれていたと言うことで、
客席前方の天井にも、真っ赤なにらみ鯛と大凧が飾られていました。

1701180005

第一部の演目は、

国立劇場開場五十周年を祝ひて「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」
「奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)」環の宮明御殿の段
「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」十種香の段/奥庭狐火の段
の三つ。

力強く華やかな踊りで、ちょっぴりユーモラスな「寿式三番叟」に、
人形が三味線を弾くあて振り(?)が見事な「奥州安達原」、
八重垣姫の初々しさと、狐に変化した時の躍動感ある動きにワクワクした「本朝廿四孝」。
とても楽しい時間が過ごせました。

*-*- restaurant -*-*

観劇の前の腹ごしらえは、黒門市場にあるお店で。

◆コーヒー・サンドイッチ おいで

1701180010jpg 1701180011r

いただいたのは、好きなサンドイッチにコーヒーか紅茶が付いて750円という「手作りサンドイッチセット」。
サンドイッチは、玉子サンド&カツサンドの「2色サンド」をチョイスしました。

関西の玉子サンドは、玉子サラダではなくて卵焼きが挟まってるんですよね。
マスタードとケチャップが薄く塗られたパンに、ジューシーな厚焼き卵の玉子サンド。
ボリュームがあって、おいしかったです。
カツサンドも、カツがやわらかくで美味でした。

隣の席に座っていた常連さんとお店のおかみさんが、あけすけなガールズトークをしていたのも、
「ミナミやなあ」って感じて楽しかったです(笑)。

店内は、小さなテーブルが2つで、そんなに広くないので、
次はお持ち帰りにしようかな。

1701180013r

黒門市場は、この日も外国からの観光客がたくさんで、
ここはどこの国?って感じでした(@_@)

千林大宮

お友達が所属している劇団のお芝居を観に、千林大宮へ。

地下鉄の駅を出てすぐに始まる「千林商店街」は、
人気ゲーム「ポケモンGO」のモンスター取り放題イベントをやったことでも有名ですね。

朝日新聞DIGITAL 2016/07/30 ポケモン取り放題! 大阪の商店街、有料アイテムで集客

2016_09230005

公式サイトには、ボケストップMAPなんてのもUPされてましたよ。
(私はポケモンGOはやってないので、よくわからないけど(^^;)

大阪旭区の千林商店街公式サイト - SENBAYASHI.com


そして、そんな千林商店街には、こんな自販機があったりも。

16092301 16092302jpg

売られているのは、広島県江田島にある二反田醤油の「だし道楽」。

だし道楽『だしの自販機でおなじみ』有限会社二反田醤油

春の江田島で見かけた時には、「あごだし醤油」のことをよく知らず、
昆布入りの方しか買わなくて、残念に思っていたので
(そのことについての話は2016 GW旅行 食べたモノ編 その④の中に)、大阪で買えるのはウレシイです。

16092303

焼きあご入りのだし道楽は、500ml 650円(税込)。
ペットボトルの中には、焼きあご(とびうお)がどどーんと一匹。

10月には、大阪梅田の茶屋町にも、自販機が設置されるそう。
さらに近くで買えるようになって、ウレシイ限りhappy01

*-*-*-restaurant-*-*-*

お買い物の後は、観劇前の腹ごしらえ。

◆欧風料理イスタンブール

1609230001 16092304

大阪市立芸術創造館近くにある洋食屋さん。
ショーケースのサンプルに、子どもの頃の「外食」のワクワク感を思い出しました。

いただいたのは、このお店の「名物」というトルコライス。
ポークとエビの2種類があったので、エビをチョイスです。

1609230003

1609230002

じんわりおいしい海老入りケチャップライスの上には、ふわふわのたまごと、ぷりっぷり肉厚の開き海老フライ。
香ばしいデミグラスソースともよく合って、めちゃうまでした!
千林方面に行くことがあったら、また食べたいわ。

*-*-*

そして観劇。

「舞台工房 SOLA-Tobu」さんの「ノクティス」。

160923000001r

魅力的なキャラクターと、独特の世界観、意表を突く展開で、
とてもおもしろかったです。

次回作は、コチラでチェック!
舞台工房 SOLA-Tobu.

絵本カフェ holo holo 音の小箱

絵本カフェ holo holoの音の小箱~とまべち~ へ。

絵本カフェ holo holo

16071700

「とまべち」は、アコーディオンの都丸智栄氏と、ヴァイオリンの磯部舞子(ベチコ)嬢のユニット。
今回は、ヴァイオリンのイガキアキコ氏がゲストで加わるということで、
「すてきな三にんぐみ」ならぬ「すてきな三人衆」に。

絵本カフェならではの、ステキなポスターですねhappy01

*-*-*

元ネタは、たぶんコレ↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

すてきな三にんぐみ愛蔵ミニ版 [ トミー・ウンゲラー ]
価格:734円(税込、送料無料) (2016/8/23時点)


*-*-*

ライブの料金は、2800円(予約)+1オーダー。

ハンバーグやオムライス、キッシュも美味しそうだったけど、
今回は、ベチコちゃんおすすめの、カフェオレとパンケーキをrestaurant

1608170011

カフェオレは、コクがあって、やさしい味。
パンケーキは、しっとりした食感で、ほどよい甘さ。

今回いただいたパンケーキはプチサイズだけど、
平日限定、超特大サイズの「大きな大きなパンケーキ」というのもあるらしいですよ。

絵本カフェなので、店内は、かわいい飾り付けがされていて、絵本もたくさん。
次は、昼間に行って、ごはんを食べたり、絵本を読んだりして、のんびりしたいわ。

1608170012
ティーソーダ500円、すっきりしたお味が、ライブのお供にグーgoodでした。

ライブは、今回も、超絶楽しくて、大満足note
エネルギッシュで、すんごい演奏なのに、
どことなくゆる~い感じなのが最高でしたheart04
イガキ氏も、見かけはクールな美人さんで、演奏もスゴイのに、
しゃべると、いかにも関西の女性~って感じになるのが、ステキでした。

そんなおふたり+1の今後の予定は、こちら↓をチェックよsign01

磯部舞子(ベチコ) (@maiko_violin) | Twitter

都丸智栄/アコーディオン (@tomarutomoharu) | Twitter

igakiakiko | Twitter

ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン

森ノ宮ピロティホールで上演された松尾スズキ作・演出のお芝居
『ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン』を見てきました。

1608090001_2 1608090002r

公式サイトによると、
 国境も性別も生死も越えて“居場所とは何なのか?”を問う、
 戦場ボーイズラブ(BL)道中譚(ロードムービー)が誕生!
 少年の危険な美しさと、異国のアクシデントに惑わされ、決して出会えない夫婦を描く―。
というお話。

岡田将生氏が、まさしく「危険な美しさ」でありましたよshine

で、登場人物たちが置かれている状況は、とても悲惨だったり、グロかったり、エロかったりするんだけど、
深刻なシーンは長くは続かず、すぐに笑いのシーンに置き換わってしまう感じで、
でも、悲惨だったり、グロかったりする状況は解消されているわけではないので、
可笑しくて笑ってはいるんだけど、気持ちの奥底はどんより~typhoonという、
なんとも言えないフクザツな気分が味わえるお芝居でした。

…余談…
このお芝居には、昔、ご近所さんだったベチコちゃんが、バイオリン演奏で参加しているんだけど、
オーケストラピット的な場所での演奏かと思っていたら、
舞台上での演奏だったので、ちょっとビックリでした。
衣装、可愛かったわ-。

*-*-*

ランチは、森ノ宮駅近くのコチラのお店で。

◆フレンドシップ
160809f01 160809f02

いただいたのは、オムライスセット(エビクリームコロッケ・ミニサラダ付)1050円。

チキンライスにふんわりたまご、コクのあるデミグラスソースのオムライスに、
サクサクとろーりのエビクリームコロッケ。
おいしかったけど、店内が暑くて(入り口近くのカウンター席だったから?)、ちょっとツラかったっすcoldsweats01
次は、涼しい時期に行って、のんびりビールを飲みたいなあ。

文楽 夏休み名作劇場

夏休み文楽特別公演の第2部を見に行ってきました。

国立文楽劇場

16072900031

演目は、「薫樹累物語(めいぼくかさねものがたり)」の豆腐屋の段、埴生村の段、土橋の段と
伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」の古市油屋の段、奥庭十人斬りの段。
観覧料は5400円。

16072900041rr 16072900081

1607290006 1607290007

午後2時開演で、終演は午後6時過ぎという長丁場
(といっても、文楽公演としては短い方らしいけど)。
まだまだ初心者なので、「話がわかんなくなったから寝ちゃったー」というのを防ぐべく、
プログラム650円を購入して、イヤホンガイド650円も利用ですcoldsweats01

イヤホンガイドは、ストーリーや、演者や人形、その他の豆知識を、
浄瑠璃を邪魔しない絶妙のタイミングで説明してくれるので、
とてもわかりやすくて、よかったです。おすすめ。

あと、字幕が出るようになったので、床本を見なくても、何を言ってるかわかるのは、便利でした。
(関西ネイティブじゃないので、関西イントネーションの浄瑠璃のヒアリングは、難易度が高いのよ(^^;)

*-*

「薫樹累物語」は、
好きな人と夫婦になれた豆腐屋の末娘・累(かさね)だけど、
夫になった人は、主君のために、累の姉・高尾を殺した敵だった。
そんな累に姉・高尾の亡霊が乗り移り、夫との気持ちもすれ違って…というお話。

悲しい最期を迎えてしまう累ちゃんだけど、積極的で、けなげで、とても可愛らしかったです。
現代なら、「私と仕事、どっちが大事なの!?」的なお話になるのかしらん(いや、違うか)。

Imgp8695
(パンフレットより。姉の亡霊のせいで、顔が醜くなってしまった累ちゃん。
この後、もっとコワイ顔になります。
そうそう、累といえば、怪談「累ヶ淵」が有名だけど、この累ちゃんは、あの累ちゃんとは別人です)

「伊勢音頭恋寝刃」は、
主君のために銘刀青江下坂の折紙(おりかみ=鑑定書)を探し求める福岡貢(ふくおかみつぎ)が、
手にした銘刀に魅入られたかのように、行き会う人達を次々と殺めていく…というお話。

寛政5(1796)年に、実際にあった事件を脚色したものだそうですが、
次々に人を殺めていく場面は、凄惨というよりは、アクションスゲーといった印象。
ダイナミックな場面転換に、クスッと笑えるような演出、衝撃的ハッピーエンド(笑)の幕切れ、
どういう気持ちで見ればいいのか、かなり迷いながらの観劇でしたcoldsweats01
って、ワタシ的には、かなり楽しかったですが。

*-*

売店では、文楽劇場のマスコットキャラクター?「床やんず」の手ぬぐい1100円も購入。

1607290009 1607290010

浄瑠璃の犬本ケン大夫と、三味線の猫澤デン右衛門。
かわいいけど、猫が三味線弾きって…いいのか?(笑)

収益金は、NPO文楽座の運営費や文楽普及活動に使われるそうです。

特定非営利活動法人 人形浄瑠璃 文楽座

*-*-*-*-*

観劇前のお昼ごはんは、黒門市場で。
アジア系の観光客がいっぱいで、更に店員さんもアジア系の人が多かったりして、
ここはどこ?状態になってましたが(^^;

夢食卓 招福庵

1607290001 1607290002

いただいたのはローストビーフ丼990円。
ローストビーフ丼と味噌汁に、漬物と冷奴付。

やわらかいお肉たっぷりで、おいしゅうございました。

『没後100年 宮川香山』 展

大阪市立東洋陶磁美術館の特別展「没後100年 宮川香山」展へ。

16070100020

会期は2016年4月29日~7月31日。
観覧料は一般1200円。(東洋陶磁美術館のサイトに割引券あり)。

大阪市立東洋陶磁美術館

*-*

初代宮川香山(1842~1916)は、
陶器の表面を写実的な浮彫や造形物で装飾する「高浮彫(たかうきぼり)」と呼ばれる技法や、
釉薬の下に下絵を描き、焼成により発色させる「釉下彩(ゆうかさい)」という技法を駆使した作品を作り、
海外でも絶賛された陶芸家だそう。

_0001 _0002

チラシに載っている猫ちゃんや蟹さんのような、高浮彫の作品目当てで行ったんだけど、
つややかで透き通るような色合いの釉下彩の作品も、魅力的でした。

(高浮彫の作品は、細かい部分のお掃除が大変そうだから、
家に置くなら釉下彩の作品の方がいいかなー、なんて思ったり。
…って、買えるだけの財力はないけど(笑))。

*-*

展示室には、撮影OKの場所があったりも。

16070100030

「撮影してSNSに投稿しましょう!」なんて書かれてたけど、
ガラス越しの作品を、魅力が伝わるように撮るのは難しいですねsweat01


「高浮彫四窓遊蛙獅子鈕蓋付壺」
(たかうきぼりしそうゆうけいししつまみふたつきつぼ)

160701011

160701012 160701013

「高浮彫蛙武者合戦花瓶」
(たかうきぼりかえるむしゃかっせんかびん)

160701020

160701024r 160701023

色んなポーズの蛙さんがいっぱい。
こんなミニチュアフィギュア、どこかにありそう…。

*-*

全部見るのに、2時間以上かかっちゃいましたが、
朝イチでの入館だったからか、会場は比較的空いていて、
間近でじっくり見られたので、よかったです。

常設展示の国宝「油滴天目茶碗」も、すいこまれそうな魅力がありましたですよ。
次は、もうちょっと陶芸のことを勉強してから行きたいと思いますcoldsweats01

*-*-*- restaurant -*-*-*

ランチは、北浜駅近くにあるコチラのお店で。

農家厨房 北浜店

160701050 160701051

野菜が主役の中華料理が楽しめるお店、だそう。
今回いただいたのは、医食同源ランチのお粥セット1000円。

160701052
鶏肉団子とたまねぎのスープ

160701053
飲茶3品、野菜セイロ蒸し、お粥、一口菓子

160701055 160701054 

160701056
マンゴプリン

セイロ蒸しは、もやし率が高かったけど(笑)、
どのお料理も、じんわりとしたうまみと、程よい味付けで、おいしゅうございました♪

なごみのガラス

ロックバンド「THE ALFEE」のメンバー・坂崎幸之助氏が
30年以上にわたって蒐集したという和ガラスを展示した展覧会
『関西大学130周年記念 春季企画展 なごみのガラス -坂崎幸之助ガラスコレクション』を見に、
関西大学博物館へ。

関西大学博物館

1606220001 1606220002r
博物館があるのは、関西大学千里山キャンパス。

大学構内に入るなんて!と、ちょっとドキドキしたけど(^^;、
千里山キャンパス内を縦断する通りは、公道(市道)なので、
誰でも自由に通っていいんだそうです。
関大出身のバイト仲間さんは、「いつも近所の人が犬の散歩とかしてたよー」と言ってました。
あら、びっくり(笑)。

1606220003r 1606220004
博物館のある「関西大学簡文館」。

昭和3(1928)年に図書館として建設された、関西大学最古の建造物だそう。
(円形部分は、昭和30(1955)年に、建築家・村野藤吾氏の設計で、増築されたもの)

で、「なごみのガラス」展。

1606220005

入館は無料で、展示されているのは、明治・大正から昭和前期までのコップや醤油差し、
ガラスペン、ミニチュアのおもちゃ、プレス皿、ウランガラスなどなど。

館内は撮影禁止だったので、いただいたパンフレット(これも無料!)の写真をちらっと。

16062200061 1606220009

1606220008

サイダーのミニチュア瓶とか、香水や目薬の瓶とか、
いびつなビー玉とか、欲しくなっちゃうくらい可愛らしいガラスがいっぱいで、
とても楽しめましたheart01

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ