映画・テレビ・舞台・展覧会・コンサート

初春文楽公演

19011100001

第1部の

「二人禿(ににんかむろ)」

「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」
 竹の間の段
 御殿の段
政岡忠義の段

「壺坂観音霊験記(つぼさかかんのんれいげんき)」
 土佐町松原の段
 沢市内より山の段

を見てきました。

19011100002r 19011100004r

19011100003r 19011100005r

劇場入り口には門松、ロビーには鏡餅とにらみ鯛(レプリカ)、
舞台上には、にらみ鯛と干支が書かれた大凧、そして、出語り床にも注連縄と鏡餅。
着物姿のお客さんも多く、お正月らしい華やかな雰囲気でした。

演目は、お正月らしいような、そうでもないような…(笑)。

「二人禿(ににんかむろ)」は、ふたりの禿ちゃんが
お仕事の愚痴を言いながら、羽根突きや手まり遊びをするというもの。

同じかしらに、同じ振り袖姿のふたりだけど、
同じ振り付けで踊っていても、動きの雰囲気がかなり違っていて、
全くのユニゾンにはならない(役としての個性なのか、人形遣いさんの個性なのか?)ところも、
なんか可愛らしかったです。

「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」は、
お家騒動で、幼君の身代わりになって乳兄弟がなぶり殺されてしまうお話(…でいいのか?)。

茶道具でごはんを炊く、乳母政岡の手際の良さに見とれ、
幼い鶴喜代(つるきよ)君と、乳母兄弟の千松の、けなげさと子供らしい可愛らしさに涙しました。

「壺坂観音霊験記(つぼさかかんのんれいげんき)」は、
昨年のウオーキングで、壺阪寺や土佐町にあるお里・沢市のお墓がある新樂寺の近くを歩いものの、
どんな話か全く知らなかったので、見てみたいなーと思っていたもの。

座頭沢市とその妻お里の、お互いを大事に思う故の想いのすれ違いと、
壺阪寺の観音様に一途にお願いしてるといいことあるよ、みたいな話(たぶんcoldsweats01)。

お里のお裁縫の手際よさに見とれ、
沢市が崖から身投げするシーン(人形遣いさん達の手から離れて、空中にダイブ!)で息を呑み、
観音様出現からラストまでは、ふわんとした気持ちで見ることができました。
沢市の存在感が薄い気がしたけど、こんなもん?

*-*-*

ウオーキングで通ったときの壺阪寺と、お里・沢市のお墓。

1804080067r

壺坂寺は前を通っただけで、お参りはしてないので、また機会を作って行ってみようかな。

1804080071r 1804080072

11月文楽公演&公演「文楽のすゝめ」

2日連続で文楽♪

1811200001r

今日は、第1部の
「蘆屋道満大内鑑 (あしやどうまんおおうちかがみ)」
  葛の葉子別れの段
  信田森二人奴の段

「桂川連理柵 (かつらがわれんりのしがらみ)」
  六角堂の段
  帯屋の段
  道行朧の桂川

を見てきました。

蘆屋道満大内鑑は、阿倍野の里に隠れ住む阿部保名と、白狐・葛の葉の話。
阿部保名と葛の葉に生まれたのが、陰陽師・安倍晴明という伝説があるそうです。

葛の葉の狐詞(きつねことば)や、一瞬でふわふわの白狐に変化する様子、
葛の葉の子(後の晴明)の可愛らしさにぐっときました。

「桂川連理柵」は、40代の帯屋の主人・長右衛門と、14歳の娘・お半の、
ふとした過ちから始まる悲恋のものがたり。
(っていうか、長右衛門は、お半の若さゆえの一途さや、継母と義兄弟の陰謀?に巻き込まれて、
死ぬしかなくなっちゃったかわいそうな人って感じもするけど)
長右衛門の妻・お絹が、かなりがんばったのに、どうしようもなかったのがツライ…。

*-*-*-*

そうそう、今回は、初めて右側座席に座ってみました。

1811200002r

出語り床が、ホントにすぐ近く!

太夫さんの声や三味線の音の深みがよーくわかりました。
三味線や太夫三と人形を、視線を動かさずに見ることができるので、
義太夫節に浸りつつ、全体を俯瞰して見たい時は、この席もいいかも。
お弁当もゆったり食べられそうだし(笑)。

*-*-*-*-subway-*-*-*

終演後は、中之島に移動。

中央公会堂前の栴檀の木橋は、
昨日見た「女殺油地獄」で、主人公の与兵衛が凶器の刀を投げ捨てたところ。

1811200003r 1811200004

このあたり、江戸時代は、どんなかんじだったのかなーと思いをめくらせながら、しばし。

*-*-*

軽めの夕食は、中之島図書館内にあるカフェ「スモーブローキッチン」で。

1811200008r 1811200009r

いただいたのは、スモーブロー「流れ星」1,500円+サラダ&本日のスープセット600円。

1811200010r 1811200011r

スモーブローというのは、北欧郷土料理のオープンサンド。
写真だとフライとサラダの盛り合わせみたいに見えるけど、ちゃんと下にはパンが置かれています。
といっても、さすがに手に持って食べるのは難しいので、いただく時はナイフとフォークで。

「流れ星」に載っているのは、シャークフライ&ソテー、海老、、キャビア、ホワイトアスパラなどなど。
野菜多めでヘルシー。シャーク(サメ)も、クセの無い白身魚って感じで、おいしかったです。

スモーブローキッチンナカノシマ

*-*-*-pencil-*-*-*

食事のあとは、講座「重要文化財 中之島図書館から 文楽のすゝめ」へ。
主催は公益社団法人大阪府建築士会で、参加費は1,500円。

公益社団法人 大阪府建築士会

1811200007r 1811200015

豊竹咲寿太夫氏の文楽解説と、竹本織太夫氏、鶴沢清志郎氏による義太夫体験教室。

1811200013r 1811200014r
(出演者さんの撮影、SNS等へのアップ可とのことでした。ありがたいheart01

咲寿太夫さんの、タブレットやバーチャルキャラクターを使った、おもしろくわかりやすい解説で、
文楽についてのあれこれや、演目のあらすじなどを知ったところで、
竹本織太夫氏、鶴沢清志郎氏の義太夫と三味線の解説と体験教室。

体験するのは、「桂川連理柵」の道行朧の桂川。
舞台で見た現役の太夫さん&三味線に合わせて、義太夫節を語れるなんて、なんという贅沢。

私は、人形への興味から文楽を見始めるようになったので、
義太夫は、馴染みもないし、聴いてもなかなか覚えられないし…と、
なんとなく聞き流していましたが(←失礼)、実際に体験してみて、がぜん興味が湧きました。

江戸時代には、庶民の娯楽で、語れる人も多かったという義太夫節。
まずはCDでも聞いて、一節くらい語れるようになりたいなーと思いました。

咲寿太夫さんは、ブログやツイッター、Instagramなどでも積極的に情報発信されているようですね。
若い文楽ファンも、もっともっと増えますように。

さきじゅびより【文楽 太夫 豊竹咲寿大夫 オフィシャルブログ】

*-*-*

1811200016

帰り際に見た中之島図書館。紫のライトが、なんか怪しげ(笑)。

11月文楽公演

181119001r

第2部の
「鶊山姫捨松 (ひばりやまひめすてのまつ)」
  中将姫雪責の段
  
「女殺油地獄 (おんなころしあぶらのじごく)」
  徳庵堤の段
  河内屋内の段
  豊島屋油店の段

を見てきました。
どちらも初見。

「鶊山姫捨松 中将姫雪責の段」は、タイトル通り、
中将姫が雪の中で継母に責められるというお話なんですが、
責められ方が、雪の中、庭先に引きずり出され、着物を剥がれて割竹で打たれるというもの。
演じているのが人形だから見ていられるけど、よーく考えるとかなりえげつないですよね

お隣の席は、幕見で入っていた外国の方だったので、
どう思って見ていたのかなーと、ちょっと気になりましたcoldsweats01

「女殺油地獄」は、入場時にこんな冊子をいただいたりも。
(下の冊子は公演プログラム650円)

181119004r

実は私、「女殺油地獄」をずっと男女の愛憎がらみの殺人劇と思っておりましたが(←無知sweat01)、
そうではなくて、放蕩息子が金欲しさに、隣家の若奥さんを殺してしまうという凄惨な殺人事件。

のどかな場面から、じわじわと殺人劇に向かっていく、
逃れられないどうしようもなさみたいな積み重ねが、とてもとても怖かったです。

*-*-*-*

幕間には、売店のサンドイッチ400円で小腹満たし。

181119003r

お弁当もおいしいんだけど、20分で食べるにはこれくらいの量の方が、慌てずにすみますcoldsweats01

2階ロビー奥の軽食・ドリンク売店は、初春公演から再開するそうですよ。よかった。

ねずみのそうし ふたたび

2年前にはじめて見て、あまりのかわいらしさに心をわしづかみされた篠山の「ねずみのそうし」。
(その時の事はコチラ→ ◇ちきんばすけっとぶろぐ 2016.01.03  ねずみのそうし

青山歴史村で展示されていたのは、ほんの一部分だったので、
もっと見る機会はないのかなーと思っていたら、
篠山市立歴史美術館の特別展示「絵巻~ジャパンアニメーションの原点~」(会期は10月2日~12月2日)で
「鼠草紙」も展示されるというではないですか! 
さっそく、見に行ってきました~。

*-*-*

篠山市立歴史美術館

181014001 181014002

特別展開催時の入館料は大人500円。
歴史美術館・篠山城大書院・武家屋敷安間家資料館・青山歴史村にも行くのなら、
800円の4館共通入館券の方がオトクかもです。

181014003r

「鼠草紙絵巻」は、篠山藩主青山家に伝わるお伽草子絵巻で、
篠山藩第10代藩主・青山忠高の妻が、嫁入り道具として持参したものと伝えられているそう。

展示物は撮影禁止だったので、写真は無いけど
全長26mという絵巻の半分くらいが、ずらーっと広げて展示されていて、
かわいい絵を、じっくり堪能できました。

会場の写真は、歴史美術館の公式ブログ↓にありますねhappy01

篠山市立歴史美術館 特別展「絵巻―ジャパンアニメーションの原点―」本日よりスタート

現代語のキャプションもつけられているので、絵巻に書かれた字が読めなくても、
ストーリーがよくわかるのもよかったし、
おはなしにでてくる装束や道具の実物が展示されているのも、わかりやすくてよかったです。

同時に展示されていた「源氏物語絵巻」も、鼠草紙とはまた違った趣があって、ステキでしたよー。

*-*-*

ミュージアムショップでは、ミニ絵巻 鼠草紙(増補版) 1850円+税 を購入。

181014004r 181014005

鼠草紙が、縦幅約13cm、長さ約6mのミニ版になったもの。

絵巻に書かれた全部の言葉が現代語に訳されているので、
絵とお話を同時に楽しむことができます。

本と違って、くるくる巻き進めながら、自分の好きな場面を切り取っていけるのが、
絵巻物の醍醐味なんだなー、なんて思いつつ、楽しんでます。

ただ、最後まで見終わったあと、元に戻すのがちょっと大変coldsweats01

*-*-*

そして、篠山市の文化施設では、オリジナルのLINEスタンプ
「鼠草紙絵巻(篠山弁)」を販売しているというのでそちらも購入してみました。

LINE STORE 鼠草紙絵巻(篠山弁) \120

使い道があるようなないような…だけど、可愛いからいいかcoldsweats01

ナベがいっぱい

『異体字の世界”ワタナベ”』の展示目当てに、京都漢字ミュージアムへ。

1809010001

祇園・八坂神社のすぐ近く。
もともとは京都市元弥栄中学校があった場所(中学校は平成23年に閉校)、だそうです。
入館料は、大人800円、中高生500円、小中学生300円。

漢検 漢字博物館・図書館 [漢字ミュージアム]
*-*-*

入り口を入ると、今年の漢字がどどーん!と。

1809010002

毎年、清水寺で書かれているアレですね。
近くで見ると、けっこうな迫力。

*-*-*

お目当ての企画展示「異体字の世界ワタ “ナベ”」のコーナーは、1階のラウンジに。
(会期は2018年7月10日~9月2日)

1809010003

「異体字」とは、意味や発音が同じで、形の異なる文字があるときの、通用字体以外の漢字のこと。

1809010004r 1809010006r 1809010010r 1809010011r

ワタナベの「ナベ」の字には、100種類以上の異体字があるといわれているそうで、
ここでは、その中から44種類が展示されてました。

よーく見ないと違いがわからない(っていうか、よく見ても違いがよくわからないsweat01)「ナベ」がいっぱいcoldsweats02

*-*

実は私、旧姓がワタナベでして。
戸籍の「ナベ」の字が、手書きの時代と、電算化される前、電算化された後で、微妙に違ってたりしますcoldsweats01

0001r

00002 003r

姓が「ワタナベ」でない今も、電算化で「邉」になったのは、ちょっと残念な気がしてるので、
異体字が多くなっちゃったのも、わかる気はしますcoldsweats01
(…とかいいつつ、展示の中から自分の「ナベ」を見つけるのに、めっちゃ時間がかかったりしたんだけど)

*-*-*-*-*

漢字ミュージアムには、他にも、甲骨文字占いができたり、金印スタンプが押せたり、
自分の名前のひらがなを、もとの字や万葉仮名に変換できるスタンプがあったり、
漢字ゲームができたりと、おもしろい展示がいっぱい。

1809010009 1809010008

2018_09020101r

お友達と一緒にいって、わいわい楽しむのもよさそうです。

誕生50周年記念 リカちゃん展

阪急うめだギャラリーで開催されている
「誕生50周年記念 リカちゃん展」に行ってきました。

1710300001r 1710300002r

会期は10/25~11/6。入場料は800円(阪急系のカードで割引あり)。
今回はバイトの同僚さんから招待券をもらいました。感謝(^^)

1710300003r 171030r

1967年に誕生した着せ替え人形リカちゃんは、今年で誕生50周年。
1967~1971年の初代リカちゃん、1972~1981年の2代目リカちゃん、
1982~1986年の3代目リカちゃんとモデルチェンジを繰り返し、現在は4代目リカちゃんが活躍中です。

会場には、初代~4代目までのリカちゃんや、家族、友達などのお人形約580体や、
リカちゃんハウスなどのグッズがずら~り。
開発ノートや当時のCMも見られて、とても見ごたえがありました。

私は子ども時代は、お人形遊びを全くしなかったので、「懐かしい」とかは無いんだけど、
近くで鑑賞している人達の「あ、これ、持ってたー!」とか「これ、欲しかったんだよねー」なんていう声に、
なんだかキラキラと楽しい気持ちになりました♪

*-*-*-*

各界著名人や有名ブランド50組とコラボした「50周年お祝いコラボリカちゃん」のコーナーは撮影OK。
全部撮る気力はなかったので(^^;、ちょっとだけご紹介。

2017_10310075r

1710300004r 1710300006r

1710300008r

”リカちゃんの生みの親”佐藤安太氏とのコラボリカちゃんの腕にはダッコちゃん。

1710300009r 09171025009r

アリアナ・グランデリカちゃんに、浅田真央リカちゃん。

1710300011r 1710300016rr

昭和の人形作家・宇山あゆみリカちゃんは、レトロカワイイ♪
辻が花の一竹工房リカちゃんは、一見シンプルなお着物だけど、よーく見ると、織りや染めがスゴイの。

1710300014r 1710300015r

ゴディバリカちゃんと、ルートートリカちゃん。
リカちゃんサイズのルートート、販売して欲しいわ。

1710300012r 1710300013r

チャルメラリカちゃん。
こんな服もちゃんと着こなしちゃうリカちゃん、すごいです。

メーテル風リカちゃんは、初代リカちゃんのデザイン監修に関わった漫画家・牧美也子氏とのコラボ。
牧氏と「銀河鉄道999」を描いた松本零士氏とはご夫婦だったんですねえ。知らなかった(@_@)

1710300018r 1710300019r

他にも、ジオラマがあったり、自分を箱入りリカちゃんのように撮れる撮影ブースがあったり。

*-*-*-*

アートステージ(グッズショップ)では、抗菌マスクケース(300円+税)を購入。

1710300020

12,960円のリカちゃん展限定リカちゃんは、すでに売り切れてましたですよ(@_@)

MINIATURE LIFE展

『「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界』を見に、大丸ミュージアム梅田へ。
(会期は9/20~10/2。入場料は800円)

大丸ミュージアム

17092001r 17092010r

田中達也氏は、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックなども手がけるミニチュア写真家で、
日用品とジオラマ用のミニチュア人形を組み合わせた作品を、SNSで毎日、発信もされています。

田中達也 - MINIATURE CALENDAR

そして、会場には、そんなミニチュア写真と、実物のミニチュア作品がいっぱい。

17092007r

17092002 17092003r

数点の新作以外は写真や動画の撮影も、SNSへの投稿もOKというので、あれこれ撮ってみましたが、
同じミニチュア作品を撮っても、構図の切り取り方で印象が変わるし、臨場感やリアル感を出すのも難しい…sweat01

17092008 17092009r

17092011 17092012r

17092030 17092031r
(左が私が実物のミニチュア作品を撮ったもの、右は田中氏の写真作品を撮ったもの)

写真を見ているだけでは気づかなかったけど、自分で実際に撮影してみて、
田中氏の作品は、ミニチュアの出来だけでなく、撮影技術もすごいんだなー、と実感しました。

製作のひみつ的なパネルの紹介も、とてもとても興味深かったです、

17092004rr 17092004rrr 17092005r

会場内には、自分がミニチュア人形になったような写真が撮れる撮影コーナーもあるので、
お友達と一緒に行って、撮りっこすると楽しそう。

17092020 17092022r 170920021

「新パン線」では、取材中の田中氏にも遭遇できて、ラッキーheart04でした。

17092016r 17092018r

17092019r

こんなところにもミニチュア人形が! 
家でもこんな風に飾ってみようかしらん♪

喫茶ガボール

アコーディオンの都丸智栄氏と、ヴァイオリンの磯部舞子(べちこ)嬢のユニット「とまべち」のライブを聴きに、
京都の木屋町にある喫茶ガボールへ。

1705080001 1705080002

お店は、映画やお芝居などのポスターが貼られた壁沿いに階段を下りた地下。
店内は、レビューを終えた踊り子さんの白粉の香りが漂ってきそうな、
「ちょっと怪しげな巴里」といった雰囲気です。
(あ、実際にそんな香りはしてません(^^;)

1705080004 1705080005

こちらでは、今はなき喫茶店「コロナ」のサンドイッチを再現したものがいただけるというので注文してみました。

コロナの玉子サンドイッチ・元味  680円

1705080006r

ふわふわもちもちのパンに、ぷりんとした食感の厚焼き卵。
デミグラスソース?の甘さもあって、やさしい味わい。
サンドイッチだけど、卵焼きがこのボリュームなので、手に持って食べるのはムリでした(笑)。

note

ライブは、ギターのウエッコ氏に、ベリーダンスのminori氏も加わって、
どこを見たらいいかしら?と迷うくらいの豪華版。
ステキな夜が過ごせました♪

4月文楽公演

文楽の4月公演第2部を見に国立文楽劇場へ。

国立文楽劇場

1704270002 1704270007

第1部は六代豊竹呂太夫襲名披露公演ということで、劇場の正面には色とりどりの襲名幟がたてられていたりも。

第2部の演目は「楠昔噺(くすのきむかしばなし)」の碪拍子(きぬたびょうし)の段、徳太夫住家(とくだゆうすみか)の段と、
曽根崎心中」の生玉社前(いくたましゃぜん)の段、天満屋の段、天神森(てんじんのもり)の段。

1704270003

「楠昔噺」は、「祖父は山へ芝刈りに 祖母は川へ洗濯に」というサブタイトル?がついているので、
ほのぼののんびりの昔話系ストーリーと思っていたら、なかなかどうして。

子連れ同士の再婚ながら、お互いを思いやって仲むつまじい老夫婦が、
連れ子が敵味方に分かれてしまったことによって悲しい末路を迎えてしまうというお話で、
「爺、婆」ではなく「祖父、祖母」と表記されている意味がわかるセリフでは涙腺崩壊cryingでございました。

「曽根崎心中」は、有名な話ですが、見るのは初めて。
お初の動きが愛らしく美しく、心中に向かう天神森の段は、心がぎゅーっと痛くなりました。

でも、今回の二つの演目なら、私は楠昔噺の方が好みかもcoldsweats01

*-*

1階ロビーには浄瑠璃人形の「くいだおれ太郎」さん。

1704270005r

本家のくいだおれ人形は、創業者が人形浄瑠璃をもとに考案し、
淡路島・洲本市由良町出身の文楽人形師、藤本由良亀氏が製作したものだったそう。

隅っこの方にいるから、今まで全然気づきませんでしたよsweat01

なんば経済新聞 2008年06月07日 くいだおれ太郎が浄瑠璃人形に 

*-*-*-restaurant-*-*-*

観劇前の腹ごしらえは、文楽劇場の東横にあるおこのお店で。

うどん屋麺之介 大阪店
1704270010

九州の 「津田屋流 豊前裏打会」に属するうどん屋さんだそうです。
北九州や福岡は、うどんも名物なんですね。知らなかった。

津田屋流 豊前裏打会 公式サイト

いただいたのは、「ごぼう天ぶっかけ(冷)」720円と「かしわめしのおにぎり」150円。

17042700100

うどんの上には、「鏡よ鏡…」なーんて言いたくなっちゃうような大きなごぼう天と、
大根おろしとおろししょうがとネギ、刻み海苔が乗っています。

1704270015r 1704270012

甘くてサクサクのごぼう天と、艶やかで滑らかで喉越しの良いうどんに、
しょうがと海苔がいいアクセントになって、めちゃめちゃ美味。

おにぎりも、鶏の旨味じんわりで、大満足のごはんになりました。

これから文楽観劇の時の食事は、ここにしようっとhappy01

Bright Lights Winter concert

『阪神・淡路大震災&熊本地震チャリティーコンサート Bright Lights, Winter concert 
-輝きの響きとともに、八神純子&大江千里を迎えて-』に行ってきました。

Imgp0388

会場は、西宮北口にある「兵庫県立芸術文化センター」。

170118002

プログラムはこんな感じ↓

170118000200

オーボエやピアノの優しい音色、
関西学院グリークラブの若々しくも落ち着いたパフォーマンス、
八神純子さんの艶やかで伸びのある歌声、
大江千里氏の温かくワクワクするジャズピアノ、
どれも素晴らしく、なんだか涙が出そうになったりも。
「音楽の力」をビシビシ感じるコンサートでした。

入場は無料で(要整理券)、
「当日は、阪神・淡路大震災&熊本地震の被災者の方々への義援金のご協力をお願いさせていただきます。」
とのことだったので、心ばかりの協力をさせてもらいました。
この場に参加できたことに感謝ですshine

神戸新聞NEXT 2017/1/19 21:50 大江千里さんらが出演 西宮でチャリティー公演
 コンサートの模様が、動画でもちょっとだけ見られます。

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ