映画・テレビ・舞台・展覧会・コンサート

「京博寄託の名宝」展

京都国立博物館の「ICOM京都大会開催記念 特別企画 京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─」へ。

1909040001 

今年9月に、日本初となる国際博物館会議の世界大会ICOM(アイコム)が、京都で行われるのを記念しての特別期間だそうです。
会期は8/14~9/16。観覧料は520円。

京都国立博物館

明治30(1897)年に開館した京都国立博物館の主な設立目的は、
明治時代、廃仏毀釈や脱亜入欧などで損失・遺失、国外流出の危機に直面していた京都の寺院など伝わる貴重な文化財を保管(=寄託)し、展示することだったということで、現在は6,200余件もの寄託品が収蔵されているそう。

今回展示されているのは、その寄託品の中から選りすぐった名品ということで、
俵屋宗達の風神雷神図屏風に、伝平重盛像・源頼朝像、狩野永徳の花鳥図襖などなど、国宝や重文がぞろぞろ。

1909040011r1909040013r
 1909040014r 1909040012r

陶磁、考古、肖像画、仏画、障壁画、仏像、書跡、染織、金工、漆工と、
展示室に入るごとに、「これ、最高!!」と思うものがあって、大興奮でした。

金峯神社の金銅藤原道長筒経や、神護寺の空海筆灌頂歴名、西往寺の宝誌和尚立像、報恩寺の厨子入千体地蔵菩薩像など、
以前、別の企画展で見たものに再会できたのも、楽しかったです。

これだけすばらしいもの揃いなのに、観覧料が平常展示と同じ520円とは、さすが千年の都京都。
京博おそるべし!です。

行く前に、虎ブログで予習しておくと、名品を見逃さずにすむのでオススメ。

*-*-*-*

ロダン像の後ろに見える煉瓦造りの建物は、明治古都館。
明治時代に開館した陳列館で、昭和44(1969)年に重要文化財に指定されたそうです。

1909040002r  1909040009

普段は閉館しているのですが、この日は特別公開中で、中に入ることができました。

  1909040010r 1909040003r

設計したのは、ジョサイア・コンドルの直弟子でもある片山東熊(かたやまとうくま)。
奈良国立博物館本館や東京国立博物館の表慶館、迎賓館赤坂離宮なども手がけた人物だそうです。

1909040005r  1909040006r

1909040007r1909040008r 

漆喰の白壁に、細やかな装飾。
ガラス越しに自然の光が差し込む、美しい空間でした。

免震改修や経年劣化部分の補修が済んだら、展示やイベントスペースとして活用する計画があるそう。
どんな風になるのか、楽しみです。

夏休み文楽特別公演 第1部

第1部は「親子劇場」ということで、劇場には親子連れもいっぱい。

 19080200003r19080200002

1階ロビーには「仮名手本忠臣蔵」の登場人物・大星由良助と
ビックリマンのキャラクター・シャーマンカーンがコラボした「由良助カーン」の記念撮影コーナーが。
第3部を見に行ったときには、ひっそりしてたけど、
この日は横にお子さまを立たせて記念撮影している人も多かったです。

そして、客席には4列目まで花道が設置されてました。
(座席表で赤く囲ったところが花道になっていた)

190802000041907020006r

演目は、
「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」渡し場の段
「解説 文楽ってなあに?」
「かみなり太鼓」

「かみなり太鼓」は、幕もいつもとは違う専用のもの。

19080200005

開演前、お子様達が幕に書かれた文章を「う、そ、か、ホ、ン、マ、か~」と読む声が
あちこちの席から聞こえてきて、ほほえましかったです。

内容も、子どももおとなも楽しめるもので、私の周りでは大人が大爆笑。
こういう新作、もっともっと作ったらいいのになー。

そうそう、台詞に「やってなはんねん」とか「いうてなはんねん」ってのがあって、
「やってはんねん」「いうてはんねん」じゃないんだなーと、
ちょっとだけ違和感を感じたんだけど、昔の大阪弁なのかな? そとれも地域的な物?

雲の上に帰って行くかみなりのトロ吉くんからもらったお菓子。
19080200006 
かりんとうのようなコクがあるおこし。おいしかったよ-。

夏休み文楽特別公演 第3部

190723001r

第3部は午後6時30分開演のサマーレイトショーで、
演目は、国言詢音頭(くにことばくどきおんど)の
大川の段と五人伐の段。

お話は、元文2(1737)年に、大坂曽根崎新地の茶屋で
遊女ら5人が侍に斬り殺されたという事件を題材にしたもの。

本水を使う演出ありのサイコスリラーとは聞いておりましたが、
殺しの描写がエグくてエグくて、
サイコ系というよりスプラッター系ホラーでした。

190723003r 

でも、殺されちゃった遊女菊野ちゃんは、初右衛門に惚れられていると知りながら、
仁三郎や仲居達に「あいつ、厚かましくて、チョーきもい」みたいなことを言っちゃったりしてるので、
いまいち可哀想に思えず、
次々と人を斬った後、雨の中、謡を口ずさみながら去って行く初右衛門の姿に、
「すっきりしたー!」と思ってしまう自分に戦慄、でした。
ん、やっぱ、サイコスリラーなのか?

NARUTO歌舞伎

京都南座で上演中(6/2~6/26)の「南座新開場記念 新作歌舞伎NARUTO -ナルト-」を見に行ってきました。

1906060003r 1906060004r

南座-松竹

新作歌舞伎NARUTO-ナルト-|南座ー歌舞伎人(かぶきびと)

原作は、週刊少年ジャンプで1999~2014年に連載されていた岸本斉史作画のマンガで、
落ちこぼれで問題児の主人公「うずまきナルト」が、周囲のオトナや仲間たちに導かれ、助けられながら成長していく、
ジャンプマンガの王道!って感じの物語。
コミックスは全72巻+外伝1巻。
アニメ化もされ、15年近く放映されていました。

NARUTO-ナルト-』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

テレビ東京・あにてれ NARUTOナルト- 疾風伝

今回の歌舞伎では、その72巻の壮大なストーリーの枝葉をバッサリと整理し、
幹の部分をギュギュッとコンパクトに(といっても上演時間は3時間超えだけど)まとめなおしたって感じ。

マンガやアニメでは、登場人物もサブストーリーも多く、
見逃していたり、つながりがよくわからなくなっていたところがけっこうあったので(^^;、
「ああ、そういうことだったのかー」という発見が多くありました。

板東巳之助のナルトは、序幕の頼りなく子どもっぽい感じ(児雷也と一緒にいるシーンとか、可愛すぎて抱きしめたくなった(笑))から、修行を経てしっかりと頼もしく成長していく表現がお見事。
中村梅丸のサクラちゃんの可愛らしさや、市川笑也の綱手さまの美しさには、歌舞伎の女形のすごさを感じました。
市川笑三郎の、アニメキャラが実体化したような大蛇丸(おろちまる)も良かった~。
(アニメの大蛇丸、大好きなんです(笑))
「附け」で迫力増し増しの立ち回りや、本水を使った演出にもビックリでした。

*-*-*

そうそう、イヤホンガイドは、保証金無しの700円で借りることができました。
ナビゲーターは、お笑い芸人の天野ひろゆき氏。
サクラちゃんとカカシ先生も、立ち回りの途中で「キャイ~ン」ポーズをしていたような?
アニメ版の声優さんたちによる特別放送で、開演前や幕間も楽しめました。

*-*-*

お席は5,500円の三等。

1906060008r

3階の後ろの方で、座席の間隔はLCC以上に狭かったけど(笑)、舞台も花道もよく見えて観劇には支障なし。
臨場感はないけど、ちょっと気になる演目を見てみたい~って時には良いと思います。
この日は外国の方も多くてインターナショナルな雰囲気でした。

*-*-*-*

幕間のお弁当は、京都タカシマヤで買ったコチラで。

◆北見世 寿し政 ちらし寿し 1,404円

1906060009r  1906060010r

色合いは地味だけど、味のバランスは抜群。
マグロもイカも穴子も海老も椎茸煮も錦糸卵も、どれもおいしく、
量も多すぎず少なすぎず、幕間に余裕を持っていただけてよかったです。

*-*-*-*

終演後の南座。ライトアップされていてキレイでした。

1906060011r

四条通は、夜遅い時間になっても外国の人でいっぱいで、びっくりでした(@_@)

東京国立博物館「国宝 東寺-空海と立体曼荼羅」展

京都ツーデーの時に搬出作業を見かけて気になっていた東京国立博物館の「東寺」展。
帰省ついでに見に行ってきましたぜ。
(会期は2019/03/26~6/2)

特別展 国宝 東寺-空海と立体曼荼羅

Imgp3750r 
観覧料は、前売り券を購入したので1,400円(当日券は1,600円)。
公式サイトからインターネット購入ができて、
自宅でプリントアウトするかスマホ画面に表示して受付で掲示すればいいので、とても便利でした。

上野は、桜真っ盛り。

2019_04160044r  1904050019

1904050005  1904050006

上野公園は、お花見の人がいっぱいでしたが、国立博物館は、ほどよい人出でした。

展示は、「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」の道場を再現とか、空海直筆の書状などなど、興味深いものがいっぱい。
仏像曼荼羅は、東寺の講堂より広々とした空間で展示されているので、
仏像達の間を回遊しつつ、お姿を360℃方向から見ることかできるのがよかったです。

音声ガイド(貸出料金1台550円)は、ナビゲーター佐々木蔵之介氏の声が心地よく、
そしてそして、帝釈天さまは、写真撮影OKというスバラシサ。
0

展示されている15体は、どれも同じ年に造られているのに、イケメン(というか、人間らしい顔をしている)のは帝釈天さまだけ。

 1904050013r
人気がありすぎて、芸能人の記者会見か、アイドルの撮影会か、って感じになってましたが(笑)、
フォトジェニックな角度を探しつつ仏さまを眺めるという、なかなかできない体験ができました。

1904050008 1904050 

1904050009

帝釈天さまが乗っている象の、むっちりした足も魅力的でしたよ。

19040511  19040510r
ミュージアムショップでは、図録2,700円と図録バッグ950円(セットで購入すると3,500円)、
それと手ぬぐい1,300円を購入。
19040513r
手ぬぐいは、染めではなくてプリントなのがちょっと残念だけど、
15体の仏像がシルエットになったデザインはカッコイイです。

21体のうちの15体が東京出張中な東寺講堂@京都も気になるので、期間中にそちらも行ってみなくては!

*-*-*-*-*

上野でのランチは、こちらのお店で。

ラ ココリコ 上野の森桜テラス店

1904050001r

上野桜テラスにあるロティサリーチキンのお店。
いただいたのは、ロティサリーチキンプレート(前菜盛り合わせ、デザート、ドリンク付)1/4サイズ 1,400円(税別)

1904050002r 1904050003r 1904050004r

ロティサリーチキンというのは、 専用のオーブンで焼き上げたローストチキンのことだそう。
クリスマスの骨付きチキンのようなものを想像していたら、ちょっと違ってて、
ホントに1/4に切り分けた鶏肉で、胸肉1/4に手羽先と手羽元が付いてる感じ(←うまく表現できてない)。

見た目よりボリュームがあって、でも胸肉メインなので、あっさりしていて、
最後までおいしくいただけました。

Boys&Girls、again-January-

「大江千里 Japan Tour 2019 ”Boys&Girls、again-January-”」の大阪公演へ。

19013000001rr

会場は、高槻市にある高槻現代劇場。

190130000001r

1901300001r 1901300002

ジャズアレンジの「January」ではじまり、
「十人十色」や「格好悪いふられ方」などは、アルバム「Boys & Girls」のものとは、また少し違うアレンジで。

アルバムには収録されていない「昼グリル」や「ガールフレンド」などのジャズアレンジ版演奏もあり、
「ジェシオ'S BAR」では、ポップス時代のライブでやっていた「GOGO!」や「1、2、3、4~!」のかけ声まで

まさに ♪ジェシオの窓際は 人生半ばから 楽しむためだけの GO GO SPACE♪ 

詩を朗読?しながらの演奏が心に染みた「TINY SNOW」などのジャズ曲や、
「マルチオープン!」(笑)なMCに、涙が出たり、大笑いしたり。

千里さんが音楽を届けることを続けていてくれることに、ありがとう~な気持ちになるライブでした。

19013000002r

パンフレット(2,000円)は、広げるとめっちゃ大きくなる一枚紙でしたよ(@_@)

初春文楽公演第2部

第2部の

「冥途の飛脚(めいどのひきゃく)」
 淡路町の段
 封印切の段
 道行相合かご

「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」
 阿古屋琴責の段

を見てきました。

(第1部を見たときの記事はコチラ→

1901220001

劇場入り口は、門松もとれて、通常モード。
初春公演は、松の内(関東だと7日までだけど、関西なので15日まで)に行った方が、
お正月らしい華やかな気分が味わえていいかもですね。

♪「冥途の飛脚」は、惚れた遊女・梅川を身請けするために、勢いで公金を横領してしまう飛脚屋の息子(養子)の話。
主人公の忠兵衛、見かけはいい男なのに(いい男だからか?)、だめんず過ぎで、
こんな男に惚れられてしまった梅川に同情しちゃいました。

「鼻をかむ」=「遊郭通い」というのは、イヤホンガイドを聞いてなかったら、わからなかったかも。
うーん、勉強になりました。


♪「壇浦兜軍記」は、華やかで、でも落ち着きと貫禄のある傾城阿古屋の動きに、
ちょっびり初音ミクちゃんを思い出したり。

代官の岩永は、滑稽な動きが、身近にいるオヤジのよう。
役としては、情と理のある重忠より、魅力的かも?

初春文楽公演

19011100001

第1部の

「二人禿(ににんかむろ)」

「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」
 竹の間の段
 御殿の段
政岡忠義の段

「壺坂観音霊験記(つぼさかかんのんれいげんき)」
 土佐町松原の段
 沢市内より山の段

を見てきました。

19011100002r 19011100004r

19011100003r 19011100005r

劇場入り口には門松、ロビーには鏡餅とにらみ鯛(レプリカ)、
舞台上には、にらみ鯛と干支が書かれた大凧、そして、出語り床にも注連縄と鏡餅。
着物姿のお客さんも多く、お正月らしい華やかな雰囲気でした。

演目は、お正月らしいような、そうでもないような…(笑)。

「二人禿(ににんかむろ)」は、ふたりの禿ちゃんが
お仕事の愚痴を言いながら、羽根突きや手まり遊びをするというもの。

同じかしらに、同じ振り袖姿のふたりだけど、
同じ振り付けで踊っていても、動きの雰囲気がかなり違っていて、
全くのユニゾンにはならない(役としての個性なのか、人形遣いさんの個性なのか?)ところも、
なんか可愛らしかったです。

「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」は、
お家騒動で、幼君の身代わりになって乳兄弟がなぶり殺されてしまうお話(…でいいのか?)。

茶道具でごはんを炊く、乳母政岡の手際の良さに見とれ、
幼い鶴喜代(つるきよ)君と、乳母兄弟の千松の、けなげさと子供らしい可愛らしさに涙しました。

「壺坂観音霊験記(つぼさかかんのんれいげんき)」は、
昨年のウオーキングで、壺阪寺や土佐町にあるお里・沢市のお墓がある新樂寺の近くを歩いたものの、
どんな話か全く知らなかったので、見てみたいなーと思っていたもの。

座頭沢市とその妻お里の、お互いを大事に思う故の想いのすれ違いと、
壺阪寺の観音様に一途にお願いしてるといいことあるよ、みたいな話(たぶん)。

お里のお裁縫の手際よさに見とれ、
沢市が崖から身投げするシーン(人形遣いさん達の手から離れて、空中にダイブ!)で息を呑み、
観音様出現からラストまでは、ふわんとした気持ちで見ることができました。
沢市の存在感が薄い気がしたけど、こんなもん?

*-*-*

ウオーキングで通ったときの壺阪寺と、お里・沢市のお墓。

1804080067r

壺坂寺は前を通っただけで、お参りはしてないので、また機会を作って行ってみようかな。

1804080071r 1804080072

11月文楽公演&公演「文楽のすゝめ」

2日連続で文楽♪

1811200001r

今日は、第1部の
「蘆屋道満大内鑑 (あしやどうまんおおうちかがみ)」
  葛の葉子別れの段
  信田森二人奴の段

「桂川連理柵 (かつらがわれんりのしがらみ)」
  六角堂の段
  帯屋の段
  道行朧の桂川

を見てきました。

蘆屋道満大内鑑は、阿倍野の里に隠れ住む阿部保名と、白狐・葛の葉の話。
阿部保名と葛の葉に生まれたのが、陰陽師・安倍晴明という伝説があるそうです。

葛の葉の狐詞(きつねことば)や、一瞬でふわふわの白狐に変化する様子、
葛の葉の子(後の晴明)の可愛らしさにぐっときました。

「桂川連理柵」は、40代の帯屋の主人・長右衛門と、14歳の娘・お半の、
ふとした過ちから始まる悲恋のものがたり。
(っていうか、長右衛門は、お半の若さゆえの一途さや、継母と義兄弟の陰謀?に巻き込まれて、
死ぬしかなくなっちゃったかわいそうな人って感じもするけど)
長右衛門の妻・お絹が、かなりがんばったのに、どうしようもなかったのがツライ…。

*-*-*-*

そうそう、今回は、初めて右側座席に座ってみました。

1811200002r

出語り床が、ホントにすぐ近く!

太夫さんの声や三味線の音の深みがよーくわかりました。
三味線や太夫三と人形を、視線を動かさずに見ることができるので、
義太夫節に浸りつつ、全体を俯瞰して見たい時は、この席もいいかも。
お弁当もゆったり食べられそうだし(笑)。

*-*-*-*--*-*-*

終演後は、中之島に移動。

中央公会堂前の栴檀の木橋は、
昨日見た「女殺油地獄」で、主人公の与兵衛が凶器の刀を投げ捨てたところ。

1811200003r 1811200004

このあたり、江戸時代は、どんなかんじだったのかなーと思いをめくらせながら、しばし。

*-*-*

軽めの夕食は、中之島図書館内にあるカフェ「スモーブローキッチン」で。

1811200008r 1811200009r

いただいたのは、スモーブロー「流れ星」1,500円+サラダ&本日のスープセット600円。

1811200010r 1811200011r

スモーブローというのは、北欧郷土料理のオープンサンド。
写真だとフライとサラダの盛り合わせみたいに見えるけど、ちゃんと下にはパンが置かれています。
といっても、さすがに手に持って食べるのは難しいので、いただく時はナイフとフォークで。

「流れ星」に載っているのは、シャークフライ&ソテー、海老、、キャビア、ホワイトアスパラなどなど。
野菜多めでヘルシー。シャーク(サメ)も、クセの無い白身魚って感じで、おいしかったです。

スモーブローキッチンナカノシマ

*-*-*--*-*-*

食事のあとは、講座「重要文化財 中之島図書館から 文楽のすゝめ」へ。
主催は公益社団法人大阪府建築士会で、参加費は1,500円。

公益社団法人 大阪府建築士会

1811200007r 1811200015

豊竹咲寿太夫氏の文楽解説と、竹本織太夫氏、鶴沢清志郎氏による義太夫体験教室。

1811200013r 1811200014r
(出演者さんの撮影、SNS等へのアップ可とのことでした。ありがたい

咲寿太夫さんの、タブレットやバーチャルキャラクターを使った、おもしろくわかりやすい解説で、
文楽についてのあれこれや、演目のあらすじなどを知ったところで、
竹本織太夫氏、鶴沢清志郎氏の義太夫と三味線の解説と体験教室。

体験するのは、「桂川連理柵」の道行朧の桂川。
舞台で見た現役の太夫さん&三味線に合わせて、義太夫節を語れるなんて、なんという贅沢。

私は、人形への興味から文楽を見始めるようになったので、
義太夫は、馴染みもないし、聴いてもなかなか覚えられないし…と、
なんとなく聞き流していましたが(←失礼)、実際に体験してみて、がぜん興味が湧きました。

江戸時代には、庶民の娯楽で、語れる人も多かったという義太夫節。
まずはCDでも聞いて、一節くらい語れるようになりたいなーと思いました。

咲寿太夫さんは、ブログやツイッター、Instagramなどでも積極的に情報発信されているようですね。
若い文楽ファンも、もっともっと増えますように。

さきじゅびより【文楽 太夫 豊竹咲寿大夫 オフィシャルブログ】

*-*-*

1811200016

帰り際に見た中之島図書館。紫のライトが、なんか怪しげ(笑)。

11月文楽公演

181119001r

第2部の
「鶊山姫捨松 (ひばりやまひめすてのまつ)」
  中将姫雪責の段
  
「女殺油地獄 (おんなころしあぶらのじごく)」
  徳庵堤の段
  河内屋内の段
  豊島屋油店の段

を見てきました。
どちらも初見。

「鶊山姫捨松 中将姫雪責の段」は、タイトル通り、
中将姫が雪の中で継母に責められるというお話なんですが、
責められ方が、雪の中、庭先に引きずり出され、着物を剥がれて割竹で打たれるというもの。
演じているのが人形だから見ていられるけど、よーく考えるとかなりえげつないですよね

お隣の席は、幕見で入っていた外国の方だったので、
どう思って見ていたのかなーと、ちょっと気になりました

「女殺油地獄」は、入場時にこんな冊子をいただいたりも。
(下の冊子は公演プログラム650円)

181119004r

実は私、「女殺油地獄」をずっと男女の愛憎がらみの殺人劇と思っておりましたが(←無知)、
そうではなくて、放蕩息子が金欲しさに、隣家の若奥さんを殺してしまうという凄惨な殺人事件。

のどかな場面から、じわじわと殺人劇に向かっていく、
逃れられないどうしようもなさみたいな積み重ねが、とてもとても怖かったです。

*-*-*-*

幕間には、売店のサンドイッチ400円で小腹満たし。

181119003r

お弁当もおいしいんだけど、20分で食べるにはこれくらいの量の方が、慌てずにすみます

2階ロビー奥の軽食・ドリンク売店は、初春公演から再開するそうですよ。よかった。

より以前の記事一覧

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ