四国(徳島・香川・愛媛・高知)

フェリーひなせ

帰りは、小豆島大部(おおべ)港へ。

0001_202312081136010008_20231208114101

昭和44(1969)年から運航していた日生~小豆島大部航路が、
新型コロナや燃料油価格高騰の影響などで、
今年の12月1日から運航休止になってしまうというので、乗りに来ました。

日生港~大部港航路 2023年12月1日より運航休止のお知らせ-国際両備フェリー


乗船券売り場。

0002_20231208114001

2階は待合室なってましたが、売店などもなく、閑散としてました。

0006r_20231208114101 0007r_20231208115501

待合室の一角では、妖怪彫刻家竹本大志氏の個展「境目 滝夜叉姫と怪(あやかし)たち」が開催されていたりも。

0003_20231208115601

昨年の瀬戸内国際芸術祭周遊事業の一環での展示だったようですね。

小豆島の大部港に本格的な妖怪アートギャラリーが出現 妖怪彫刻家・武本大志個展「境目」開催


壁の隙間の中は、ゾクッとくるような怪しい世界でした。

0004_20231208115601 0005_20231208115601

妖怪美術館も行ってみたらよかったな。

*-*-*

そうこうしているうちに、フェリーひなせが入港。

0010r_20231208120701 0011_20231208120701

いよいよ乗船。

0012r_20231208121401


客室はこんな感じ。
0016r_20231208121001
0015_202312081210010017r_20231208121001
「椅子席定員18名」、「立席定員213名」のプレート。
すみっこにはゴザも置かれてました。
椅子席が満員の時は、これを敷いて座るのかしらん?

2階には一等室のなごりも。(今は誰でも入れる)
0013r_20231208121301 0014r_20231208121301

船内にも運航休止のお知らせ💧
御船印は売り切れでした。残念。

0018r_2023120812100120231122_13585r


靑い海と瀬戸内の島々を眺め、

0019_20231208121801 0100

1時間ちょっとで岡山日生港に到着。

0020r_20231208122101

入港の仕方が独特で(港にまっすぐ突っ込んでいく)、ちょっとビックリ。

0021_20231208122201

さようなら、ひなせちゃん。
また会える日はあるかしら?

ピザハウスMOMO@小豆島

最終日の昼食は、こちらのお店で。

ピザハウス momo/小豆島町 - Shodoshima

0001_20231208111101 0003_20231208111201

いただいたのは、マルゲリータのMサイズ。
サラダ付きで1,100円。

0004_20231208111201 Rimg3477
(サラダの写真、逆光で酷いけど💦)

もちもちの生地に、たっぷりのチーズ、バジルもフレッシュで美味。
学生時代を思い出すような雰囲気のお店でした。

みのりジェラート@小豆島

食後にはジェラート♪

昨年ジャンボフェリーあおいの船内で食べておいしかったので、
実店舗にも行きたいなーと思ってたお店。

MINORI GELATO | 小豆島 イタリアンジェラート

0001_20231208105801
0002_20231208105801

たくさんのフレーバーがあって、かなり迷いましたが、
今回は、「オリーブ」と「柿&キャラメル」をチョイス。

フレーバー2種盛りは600円。
オリーブは+100円。

0003r_20231208110001

フレッシュな風味のオリーブと、香ばしい柿&キャラメル、
味にメリハリがついて、楽しめました。

期間限定のフレーバーも多いようなので、いろんな季節に行って、食べ比べてみたいなー。

食事処うめもと@小豆島

今年も小豆島でキャンプ。
昼食は、昨年おいしさに感動したお食事処うめもとさんの穴子丼を。

0001r_20231208104701

今年もあなご2倍の特上大盛りを食べるぞーと思っていたんですが、
販売休止ということで超残念でしたが、

0002_20231208104701

つやつやピカピカで、香ばしいあなごのおいしさは変わらず。

0003_20231208104801

帰りの日が定休日に当たってしまい、
お弁当を買えなかったのも心残り。

来年も食べに行けるといいなあ。

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑦2日目20kmコース

①「特急やくも」で出雲へ
②木綿街道
③四季味処てんてん亭
④1日目20kmコース
⑤出雲大社・稲佐の浜
⑥天ぷら海鮮 岩八 からの続き。

この先は、
⑧らんぷの湯
⑨ミートショップサイトウ
⑩和かふぇ 葉楽Koto
⑪出雲いろいろ
⑫出雲縁結び空港  へと続きます。


*-*-*

2日目のスタート会場は、
一畑電車・川跡(かわと)駅から徒歩5分のところにある島根県立大学駐車場。
電鉄出雲市駅からの一畑電車は、ゼッケン提示で往復とも無料になりました。

0001r_20230926101501

川跡駅7時40分着の電車(右側の電車)から、ウオーカーさんがぞろぞろ(笑)。

0004r_202309261019010002r_20230926101901

会場の駐車場入り口には、島根県立大学のマスコットキャラクター「オロリン」。
ヤマタノオロチの精がモチーフだそうです。

マスコットキャラクター - 公立大学法人 島根県立大学

*-*-*

凍らせたスポーツドリンクをいただき、
出発式&準備体操の後、トランペットの演奏に送られて、8:10 スタート。

0003r_20230926102501 0005r_20230926102501

トランペットの演奏は、出雲市在住の熱田修二(あつたしゅうじ)氏。
美空ひばりのバックで演奏されてたこともある、プロのジャズトランペッターさんだそう。
厚みのあるまろやな音色が空に広がって、とても気持ちのいいスタートになりました♪

もっとじっくり聴きたかったなーと検索したら、熱田氏のYouTubeチャンネルを発見。
JR出雲市駅の列車入線メロディーも、この方の作曲だったんですね。

【YouTube】JR 出雲市駅列車入線メロディー

*-*-*

フライングスタートされた方が多かったので、
いつもなら縁の無い先頭集団でのウオークでるんるん♪

0006r_20230926104601

といっても、あっという間にひき離されちゃいましたが(笑)。

*-*-*

9:10 康国寺(こうこくじ)

0007_20230926104801

南北朝時代の元亨2(1322)年に建立された臨済宗妙心寺派のお寺だそう。

0012r_20230926105101 0014r_20230926105301

境内には「大阪市立明治国民学校 太平洋戦争に依る学童集団疎開地」の記念碑があったりも。

集団学童疎開について、どこからどこへ疎開したのか知りたい|レファレンス協同データベース

西区からの学童集団疎開|大阪市内で戦争と平和を考える

*-*

庭園は、松江藩7代藩主松平不昧公お抱えの庭師沢玄丹によって、
三年半の歳月をかけて築かれたものだそう。
 
0008_202309261052010009r_20230926105201

ゼッケン提示で無料で拝観させていただけました。感謝。

ここには15年ほど前に立ち寄ったことがあるけど、
ジェニーとおでかけ 2008/04/28~30出雲・松江・鳥取砂丘
人形の写真なので、苦手な方は要注意。そしてリンク切れ多数ですが、ご容赦)、
変わっているところあり、変わらないところあり。
でも、お庭のすばらしさは、以前と同じでした。

お庭を眺めてしばしのんびり。

*-*-*

まだまだ気温は高いけど、空はもう秋だなあなんて思いつつ、てくてく。

0015r_20230926112101

*-*-*

10:00 愛宕山公園 チェックポイント

0016_20230926112501 0017r_20230926112501

ペットボトルの冷たいお水をいただいて、坂道を登ります。

車止めには「動物のエサについて」の表示。

0018r_20230926112901

園内の動物広場では、持参した野菜などでエサやりが楽しめるようでした。
(あげられる物には制限があるようですが)

愛宕山公園(公式ホームページ)

0019r_20230926113301 0020r_20230926113301
0021r_20230926113301 0022r_20230926113301

近づくと、「エサをおくれ~」と寄ってくるロバさんや山羊さん。
園内にはエサの自動販売機もあったみたいなので、私もエサやりすればよかったな。

00r_20230926114301

平田の街並みを見渡して、坂を下ります。

*-*-*

10:20 木綿街道

0024r_20230926115401
0025r_20230926115401 0026r_20230926115501

一昨日来たので、今日はささっと通過して、雲州平田駅方面へ。
(おしょうゆのソフトクリームがもう一度食べたいなとも思ったけど、
方向音痴で、下手にコースアウトすると元に戻れなくなるので、やめた(苦笑))

0027r_20230926115601 0028r_20230926115701

駅チカの売物件は「480万円」と書かれてました。
このあたりの相場って、どれくらいなのかしらん。
いや、買いはしないけどさ。

*-*-*

10:50 竿井手用水路の先から、斐伊川の土手へ。

0029r_20230926120001 0031r_20230926120001

竿井出樋門 | 株式会社 藤原鐵工所


上がったところには、「宍道湖から6km」の表示がありました。

0032r_202309261213010033r_20230926121401

川跡駅までは4.7km。

0036r_20230926121501

走ってくる一畑電車を眺めながらてくてく。

この先、土手からコースが離れるあたりで雨が降り出し、
風も強くて、傘があまり役に立たず、足もとはびしょ濡れに💧

*-*-*

12:00 ゴール\(^O^)/

0037r_20230926121601 0039r_20230926122701

お水(お茶だったかも?)といちじくパイをいただきました。

0038r_20230926121601

昨日いただいたおまんじゅうも、このパイも、こちらのお店のもののようです。

有限会社井山屋製菓 | 花馬饅頭本舗 創業明治35年

いちじくパイは、出雲市多伎特産の蓬莱柿(ほうらいし)いちじくを使っているそう。
ごちそうさまでした~。

*-*-*

GPSのログはこんな感じ↓

 Map_20230926122701

2日間、とても暑かったので、
給水ポイントで冷たいペットボトルのお水がいただけるのは、とてもありがたかったです。

スタートやチェックポイントや誘導、ゴールでのスタッフの方々の対応も、
温かみがあって、ほっとできました。
ありがとうございました~。

来年もまた参加できるといいなー。

*-*-*

川跡駅で電車を待っている間に、土砂降り&カミナリ⚡に。
歩いてた人は大変だったろうなあ。
みなさん、お疲れさまでした~。

0040r_20230926124201 0041r_20230926124301

*-*-*

第21回神々のふるさと出雲の國ツーデーウオーク⑧らんぷの湯 に続く。

お四国むすびとリープル

エースワン御座店で、昼食用に購入。

エースワン・エーマックス | 高知・愛媛・香川のスーパーマーケット

0001_20230721170201 0002_20230721170201

「お四国むすび」は、四国民放FM局4社とマルトモ㈱、旭食品㈱、デリカサラダボーイ㈱、が手がけた商品で、
四国4県の代表的な食材を使い、「お四国巡り万能つゆ」で味付けしているそう。

具?は、ひとつが、徳島の阿波尾鶏と高知のゆず果汁、
もうひとつが、香川のいりこと愛媛の伊予柑。
それぞれ違ったおいしさなので、飽きずに食べられて良かったです。

だしの味がとてもよかったので、
帰りにお四国巡り万能つゆを買おうと思ってたんだけど、
売ってるお店を見つけらませんでした。残念。

通販で買っちゃおうかなー。

お四国巡り万能つゆ(『太平洋編』 『瀬戸内編』)【四国FM4局・マルトモ共同開発】|愛媛の名物通販FMマルシェ

*-*-*

リープル(写真、見切れちゃってるけど)は、 高知のご当地ドリンクだそう。
さらっとした甘みの乳酸菌飲料。
お風呂上がりに飲むのにも良さそう。

リープル - ひまわり乳業株式会社 | 牛乳を飲んで健康な毎日

*-*-*

ひまわり乳業さんの製品は、リープルの他に、「ひまわりコーヒー」も買ってみました。

001r_20230724170001

やさしい甘さと、ほどよいほろ苦さに、まろやかな牛乳風味。
素直なお味の、なつかしいコーヒー牛乳って感じでした。
近所に売ってたら、買っちゃうのになー。

居酒屋 土佐@高知

絵金祭りを見た後は、高知に移動して、軽く一杯。

◆居酒屋土佐

0001_20230721163101

JR高知駅からすぐのところにある居酒屋さん。

0002r_20230721163501 0003r_20230721163501

突き出しは鰹の煮物。
甘しょっぱい味が鰹によく染みてて、うまうま~。
ビールにも合いました。

かつおの塩たたき1,500円とウツボの唐揚げ1,350円。

0004r_20230721163701 0005r_20230721163701
鰹もウツボも、もっちりふっくら。おいしい~。

それと、お店ののれんにも書かれてた玉子焼500円。
0006_20230721163901
だし巻きではなくて、玉子焼き。
あつあつふわふわで、懐かしいおいしさでした。

日本酒も呑んだけど、写真撮り忘れちゃった。

お会計では、なぜかバナナをいただきましたよ。

0007r_20230721164001

他にもおいしそうなメニューがいっぱいあったのに、
この日は、なんか疲れちゃってて、あんまり食べられなかったのが残念。

赤岡絵金祭り

夜は赤岡の絵金祭りへ。

0005_20230721084901

6月にハルカス美術館の絵金展を見て、
現地で見たらどんなだろと気になってたので、ワクワクです。

(あべのハルカス美術館の絵金展を見に行った時の事はコチラに↓
ちきんばすけっとぶろぐ2023.06.13「幕末土佐の天才絵師 絵金」展

*-*-*

土佐くろしお鉄道の ごめん・なはり線に乗って、あかおか駅へ。

3r

こめん・なはり線には、一駅に一つずつ、
やなせたかし氏が描いたオリジナルキャラクターがいるそうで、
列車の横には、そのキャラクター達がずらーっと描かれていました。

ごめん・なはり線オリジナルキャラクター|ゴトゴトweb

土佐くろしお鉄道株式会社 TOSA KUROSHIO Railway

で、おかおか駅のキャラクターは、「あかおかえきん」さん。

1_20230721085301 2_20230721085301
なかなかシブいですね。

*-*-*

お祭りの会場までは、駅から歩いて5分くらい。

まずは、お祭り期間だけ夜間開館している絵金蔵へ。

0004_20230721090601 5r

観覧料は大人520円。
興味深い展示がたくさんあったけど、
混雑していて、ゆっくり見られなかったので、
お祭りじゃないときに、また見に来て、じっくり見学したいです。

絵金蔵 公式ホームページ - Ekingura official Website

そして、絵金蔵では、クラウドファンディング実施中だそう。
修復って、とてもとてもお金がかかるんですね。
目標達成しますように。

土佐の天才絵師【絵金】幻の六曲一隻屏風を修復したい!|読売新聞クラウドファンディング idea market

*-*-*

絵金蔵の向かいには、芝居小屋の弁天座。

0002r_20230721091701

こちらでは、地元の人たちによる歌舞伎が上演されているそう。
今回は見学しなかったので、こちらも次回のお楽しみってことで。

*-*-*

会場の商店街。

0001r_20230721090501

日暮れとともに、商店の軒先に出される絵馬灯籠や屏風絵。

 0008_202307210922010007r_20230721092201
0013_20230721092201 0014_20230721092201
107_20230721092301 

身構える感じがなく、さらっと置かれているのが、なんかスゴイです。

暗くなるにしたがって、ろうそくの明かりに浮かび上がってくる芝居絵は、
とてもとても幻想的でした。

0015_202307210935010017
0020_202307210935010019_20230721093501
0018_20230721093501101r_20230721094301

と言っても。

ひっそりと静かなお祭りを想像してたら、そうでもなくて、
ステージでは、ライブやビンゴ大会やベリーダンスをやっていて、その音がガンガン響いていたり、
ビアガーデンや食べもの、射的の露店があって、かき氷を持った子ども達がはしゃいでいたりと、けっこう賑やか。
そのギャップも楽しいお祭りでした。

6r

*-*-*

土佐赤岡絵金祭り 公式ウェブサイト

芝居絵屏風が飾られる場所、当日のスケジュール、ごめん・なはり線の時刻表などが
PDFファイルになってるので、あらかじめスマホにダウンロードしておくと便利。

今回は、直前に急遽行くことを決めたため、
かなりリサーチ不足で、見逃したものも多かったので、
パンフレットなどをもっとちゃんと読み込んでから、また行きたいです。

三浦屋海産

居酒屋さんのおすすめ、もうひとつ。

株式会社 三浦屋海産 - 香南市観光協会

100rr

あかおか駅から歩いて3分くらい?のところにあるちりめんじゃこ屋さん。
じゃこは数種類あったけど、居酒屋の女将がいつも買っているという
「干してる硬めの方」を購入。一袋1,000円。

あと、佃煮みたいなの(横にちらっと写ってる茶色いヤツ)もおいしそうだったので、買ってみました。
そちらは1パック500円。
002r_20230720150801

じゃこは、塩味がキツくなくて、そのままつまんでおつまみにしても、ごはんに合わせても美味。
佃煮はほんのりショウガ風味で、お弁当の片隅にいれるのにピッタリのおいしさでした。

お店の横には、干されたちりめんが。

0002r_20230720150701

生のどろめや他の種類のちりめんも食べてみたいなー。

マスクメロンジュース@道の駅やす

昨日行った居酒屋さんで
「明日は赤岡の絵金祭りに行こうと思ってるんですよー」なんて話したら、
「そっち方面に行くなら」とオススメされたヤ・シィパークのメロンジュース。

株式会社ヤ・シィ|ヤ・シィパーク|道の駅やす

海辺のオアシス 道の駅やす | 四国の道の駅公式ポータルサイト

ヤ・シィパークは海水浴場などがある公園で、
メロンジュースのお店「ベジフルッタ」は、ヤ・シィパークに隣接した道の駅やすの農産物直販所「やすらぎ市」の中にありました。

Vege frutta | Konan-shi Kochi - Facebook

001_20230720134201
005r_20230720134901 002r_20230720135801

こちらで使ってるメロンは、「一果相伝メロン」というブランドのものだそう。

一つの果実で伝わる一果相伝: マスクメロン通販専門|《公式 》

メロンジュースは650円。
注文すると、ショーケースの中のメロンをミキサーに入れて、ジュースにしてくれます。

居酒屋さんで教えてもらったとおり、
「氷なし」にしてもらい、海辺に下りて(←これもオススメされた(笑))、
いただきます~。

006r_20230720135101

いや、もう、甘くて、とろとろで、メロンそのもの。
めちゃめちゃおいしかったです。

けっこういいお値段なので、
オススメされてなかったら飲むことはなかったかも。
出会いって大切ですね。

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ