北陸(富山・石川・福井)

半夏生サバ

雑節(ざっせつ)の一つで、夏至から数えて11日目が「半夏生(はんげしょう)」。
今年は7月2日でした。

古来から田植えの目安とされている日だそうで、
関西では「稲がタコの足のように大地にしっかり根付くように」という願いを込めて、
タコを食べる習慣があるそう。

スーパーのチラシも、タコ、たこ、蛸でした。
(写真のチラシは、ライフ、関西スーパー、ダイエーのもの)

0001r_20220707111301 0005r_20220707113501 0006_20220707113501

…と言っても、バイト先(大阪・北摂地方)の同僚ふたりに聞いたら、ふたりとも「そんな習慣は知らない」と言ってたので、
一口に関西といっても、地域や家庭によるのかもしれませんが。

*-*-*

半夏生の日に食べるものは、地方によっても違うらしく、
釣りでよく訪れる福井県大野市周辺で食べられているのは、
「はげっしょさば」と呼ぶサバの丸焼き。

半夏生さば - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイド

文化庁認定100年フード「半夏生さば」 大野市公式ウェブサイト

江戸時代、大野の藩主が、農作業で疲れた庶民を労い、
大野藩の飛び地である越前海岸から取り寄せて食べさせたのが始まりといわれているそう。

ちょうど7月2日に、家族が大野に釣りに行くというので(私も行きたかったけど出勤日だった(涙))、
帰りに半夏生サバを買ってこい!という指令を出しておきました。

買いに行ったのは、市内にある大亀屋さん。

大亀屋 - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイドー

0004_20220707115301

お店の前は半夏生サバを買いに来た人の行列が!
予約無しの人は、1日1本までの購入で、約1時間半待ちと言われていたそう。
ひょえー。

そして、買ってきたのが、このサバ。

0002r_20220707115301

この写真では、大きさもおいしさも伝わらないかもだけど、
サバは、ほどよい塩味で、脂が乗ってて、ジューシーで、ふわっふわ。
今回は初めてだったので2人で1本にしたけど、このおいしさなら一人1本でもイケちゃうかも。
この日は仕事で疲れてグッタリだったけど、このサバを食べたら元気が出ましたよ。

おいしそうなニュース映像↓

7月2日は「半夏生(はんげしょう)」 街中にサバの香ばしい香り【福井・大野市】福井テレビ Yahoo!ニュース

夏の風物詩「半夏生さば」 店先に香ばしい漂い:朝日新聞デジタル

サバと一緒に並べているのは、福井県永平寺町にある吉田酒造さんの「鯖光る」というお酒の4合瓶。
名前の通り、サバとよく合う、すっきりした味わいのお酒でした。


鯖光る(辛口食中酒) | 吉田酒造有限会社

さあ、これで、暑い夏を乗り切るぞー。

生きくらげ

越前大野での釣りの帰りに、道の駅九頭竜で買った「生きくらげ」。
1パック(110g入り)380円。

0001r_20220623125701

ミネラル豊富な荒島岳の地下水で栽培しているそう。

(2年前の記事だけど、こんなのも見つけた↓
コリコリ食感キクラゲ 大野で出荷:中日新聞Web:2020/08/01 )

0002_20220623130901

パッケージに「刺身が一番!」と書かれてたので、
さっと湯通しして、わさびじょうゆでいただきましたが、
肉厚でぷりぷりの食感とクセの無いお味は、
酒のあてや料理の箸休めにぴったり。

買ったときは、炒め物やスープなどにもしてみようと思ってたけど、
結局、全部お刺身で食べてしまいました。

後日、越前大野にあるスーパーVioのかじ惣でも購入。

福井県ショッピングモール Vio

003r_20220623131501

生産者さんによって、味の違いがあるようなないような?
生きくらげ、売られているのを見たら、買わずにいられなくなりそうです。

越前大野でとんちゃん

越前大野で釣り。
夕食は「焼肉とんちゃんのおおみ駅前店」で。

0002_20220621131601  0003_20220621131801

とんちゃというのは、越前おおののご当地グルメで、
牛、豚の内蔵のホルモンを味噌・醤油・砂糖・みりん・にんにく・唐辛子・調味料などで味付けしたもの。
ホルモンの臭みも無く、スパイシーな味付けにビール(この日はノンアル)もごはんも進みます。

焼肉・とんちゃん - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイド

0001_20220621133301 0004_20220621131801

写真は白トンちゃん1人前462円(税込)。
お値段お手頃なのもgoodです。

0005_20220621132501

大美は、鶏肉メインのお肉屋さんなので、
コリコリとした食感が楽しくおいしい親どり皮や、
味付け鶏肉の元祖大美焼きもオススメ。

モンベルご当地デザインTシャツ

「道の駅 越前おおの荒島の郷」にあるモンベルショップ(モンベル越前大野店)で買った
店舗限定のご当地デザインTシャツ。3,080円。

0001r_20211001111901

雲海の中にそびえる荒島岳がデザインされています。

000  0002r_20211001112101

素材はウイックロンなので、汗をかいてもさらっとした着心地。
UVカット機能があるのもいいですね。

モンベルのご当地デザインTシャツ、今まで知らなかったんだけど、
たくさんの種類があるんですねえ。

モンベル | 店舗 | 【店舗限定】ご当地デザインTシャツ販売中!

これからは、旅先でモンベルショップを見かけたら、チェックしなきゃ。

麺屋ぜん

福井県大野市、越美北線の越前大野駅近くにあるラーメン屋さん。
大野に行くたびに気になっていたんだけど、
釣りが目的だと、営業時間とのタイミングがなかなか合わず…。
今回、やっと行くことができました。

麺屋 ぜん - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイドー

Image3

いただいたのは、塩梅(しおうめ)ラーメン 840円。
天然越前塩と福井県三方産の紅映梅の梅干しを使っているそう。

Dsc_0107r

スープは鰹と昆布のだしが効いた和風味。
わさびと梅干しで、ちょっとお茶漬けのような味わいもあり。
あっさりしてるけど、物足りなさは全くなく、
食べ終えた時には、とてもとても満ち足りた気分になりました。

そして、店内にいる他のお客さんの食べっぷりにもびっくり、
(特盛り、替え玉、ごはん大盛りは当たり前!って感じ)

次に行く時は、私もライスを追加注文して、スープに投入しよう!と心に決めましたよ(笑)。

荒島の郷

越美北線乗車の前後には、道の駅「越前おおの荒島の郷」にも立ち寄ってみました。

道の駅 越前おおの荒島の郷

0001_20210708141301

今年4月にオープンした道の駅で、
敷地からは、日本百名山のひとつである荒島岳が見えます。

建物の中に人影が?と思ったら、

0002_20210708141801 0004_20210708145401

「2.43 清陰高校男子バレー部」 というアニメの登場人物達の等身大パネルでした。

0003_20210708141901 Dsc_0053r

アニメは福井県が舞台になっていて、
エキサイト広場アリーナや、銭湯、病院など、大野市内の施設がモデルになっている建物も登場しているそう。

残念ながらアニメは見てないんだけど、福井県とコラボした聖地巡礼MAPは、
アニメを見て無くても、へー、こんなところも舞台になってるのかーと楽しめました。

原作は小説みたいなんで、読んでみようかな。

大野市×アニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」コラボ等身大パネルを展示中!|えちぜんおおの観光ガイド

2.43 清陰高校男子バレー部 ポータルサイト

福井県×『2.43 清陰高校男子バレー部』特設コラボサイト

TVアニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」福井県聖地巡礼MAP



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2.43(1) 清陰高校男子バレー部 (集英社文庫) [ 壁井ユカコ ]
価格:572円(税込、送料無料) (2021/7/8時点)


 


*-*-*-*-*

ランチはフードコートで。
「名水茶屋大野三昧」の「九頭竜ダム コロッケカレー」900円と、
0005_20210708145601

「ラブリー牧場みるく」の郷の「ジャージーソフトクリーム」420円。
0006_20210708150001  0007_20210708150001
バニラ香料などの添加物は一切使っていないというソフトクリーム、
おいしかったー♪

*-*-*

屋外に出ていたキッチンカーの商品は、どじょうの唐揚げ!

20210621_00008 20210621_00009

使っているどじょうは、勝山市の企業が休耕田を活用してで養殖したもので、
新たなご当地グルメとしてPRしているのだそう。

中日新聞|ドジョウ唐揚げ  勝山新グルメ  平泉寺白山神社前に出店 建設業者、休耕田で養殖

Instagram|白山平泉寺どじょう

興味がわいたので、どじょう唐揚げ500円と蒲焼き200円を購入。

唐揚げは、味付けがしっかりしているので、泥臭さなどは全くなく、
身はふわふわ、骨までやわらかく、おやつやお酒のあてにぴったりのおいしさでした。
20210621_00010 20210621_00013

蒲焼きは、見た目ちょっとアレだけど(笑)、臭みゼロで美味でした。

20210621_00012

越美北線乗車

秋から大幅減便のウワサがある越美北線。

渓流釣りで、近くをよく通るし、
勝原(かどはら)駅や九頭竜湖駅で写真を撮ったこともあるけれど、
乗ったことは一度も無かったので、越前大野駅から九頭竜湖駅まで乗車してみました。

*-*-*

越前大野駅

00001r_20210707120201 00002r

ホームの端あるお堂のような建物は「安全の鐘」。
列車と乗客の安全を祈願して設置されたそうです。

00003r

線路脇には腕木式信号機があったりも。
00004r

*-*-*

列車到着時に流れるのは、大野市上庄中学校吹奏楽部の生徒さん達がハンドベルで演奏したという
「大野へかえろう」という楽曲。

00007r00006r

ちょっとうるっときちゃった。

大野へかえろうプロジェクト公式サイト

 00010r

列車は2両編成で入線してきましたが、発車前に切り離され、
1両が福井行き、もう一両が九頭竜湖行きになりました。

00008r 00009r
←福井行き と 九頭竜湖行き→

00011r

乗客は10人ちょっとくらい。
ほとんどが鉄道ファンって感じの人でした。

列車はゆるゆると出発~。

勝原駅
00012r

ホームには、赤いワンピースでボストンバックを持った女子が立っていて、
すごく絵になってたんだけど、逆方向行きの列車待ちだったのか、
こちらの列車には乗ってこなくて、ちょっと残念だったり。

00020r

*-*-*

越前下山

00013r

トンネルが多いので、見所もそれほど無く…💦
約35分で九頭竜湖駅に到着~。

00014r 00021r

九頭竜湖駅は、福井県の最東端終着駅ということで、
駅窓口では「到着証明書」がいただけました。


00015r

折り返していく列車を見送った後は、
駅に併設されている(というか駅が併設されてるのかも)道の駅九頭竜で、
舞茸天ぷら入りの「天むす」350円を購入。
00017r
いつも買うのは舞茸ご飯や舞茸おこわだけど、
天むすもなかなかのおいしさでした。

駅前の恐竜くんのうしろにも舞茸が!

00016r
育ったら誰かが収穫したりするのかしらん。


*-*-*

夕方、車で勝原駅へ行き、列車を撮影。

00018r

また乗る機会はあるかなあ。

中竜鉱山

越前大野から九頭竜駅に向かう途中、
ちょこっと横道に逸れた道の終点っぽいところで見かけた建造物。

200628002r

鉄道の廃線跡か何かかな?と周辺を散策。

200628003r

200628001r

でも高いコンクリートの壁があるだけで、
線路も駅っぽいところもないよなーと不思議に思っていたら、こんな建物が。

200628006 200628008

プレートには「中竜鉱山大斜坑 昭和51年10月竣工」の文字。
どうやら鉱山跡のようでした。

調べてみたら、1987年に閉山した亜鉛鉱山で、
閉山後は「アドベンチャーランド中竜」という体験型博物館になっていたそう。
(2006年に閉園) 

バスで地下120mまで移動して、坑道の跡地や採掘現場を見学できたというアドベンチャーランド中竜、
見学してみたかったなあ。

福井新聞社|豆事典|アドベンチャーランド中竜

鉱山跡までの道の途中には「中竜鉱山資料館」と書かれた建物も。

200628009r

この日は開いていないようで、中を見ることはできなかったけど、
やっている日はあるのかしら?

資料館の近くにはバス停っぽい建物も。

200628012 200628012r

といっても、8便あるバスのうち4便は、事前の予約が必要なようでしたが。

バス停におかれていたメモ。

200628011

時が止まった場所にいるような気分になりました。

清水風月堂のショコラdeようかん

清水風月堂は、福井県大野市にあるパン屋さん。
「ショコラdeようかん」は、大野の冬の名物であるでっちようかん(水ようかん)とチョコレートを組み合わせたご当地創作スイーツだそう。
1個170円。
0002r 0003r
カップの下にはつるんとした食感のやわらかな水ようかん。
軽い甘さの水ようかんに、ホイップクリームとチョコレートがよく合って、めちゃうまでした。

清水風月堂さんには、でっち羊羹とホイップクリーム入りの「でっち羊羹パン」もあり。
0004r
0005r 0006r
あんパンとはまた違ったおいしさがありました♪

ヨーロッパ軒総本店

夏休み。帰省途中での寄り道メモ⑧ 帰り道編。

富山県から福井県へ。
ヨーロッパ軒総本店でごはん。

ヨーロッパ軒総本店

190817001r

いただいたのは、このお店の名物というソースカツ丼のセット1,150円。

190817002r
190817003r
きめ細かなパン粉に包まれ、ほんのりラードの香りのする薄切りのカツに、すっきりしたソース。
さくさくと軽い口当たりで、するっとイケちゃうおいしさでした。
サラダにかかっている自家製マヨネーズもおいしかったー。

同行の家族は、創業100周年記念メニューで1日5食限定という
「シュニッツェル(ウィーン風ポークカツレツ)」1,130円を。

190817004 190817005r

ドイツで料理修業をしたヨーロッパ軒の初代は、
このシュニッツェルとウスターソースにヒントを得て、名物のソースカツ丼を考案したのだとか。

ソースは、シュニッツェルでは一般的なアンチョビソース、
イギリス発祥の元祖ウスターソースであるリーペリン・ソース、
ヨーロッパ軒カツ丼ソースの3種類。

ちょっと味見をさせてもらったけど、
アンチョビソースは、かに味噌のような風味で、ポークカツにもよく合って、意外なおいしさ。
リーペリンソースの、酸味とスパイシーさも、おもしろかったです。

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ