北陸(富山・石川・福井)

ぽっぽ茶屋ほっとむら

ランチの後はお茶したいねえってことで、
JR小浜線・十村(とむら)駅へ。

この駅、昨年春、構内に喫茶店ができたというので、
ずっと気になってたんです。
(列車を利用しなくてゴメンナサイですが)

0001r_20231012082701  

老朽化や利用者の減少などで、一時は取り壊しも検討された駅舎を、
地元有志が法人を設立して買い取って改修、喫茶コーナーを整備したのだそう。

十村駅(若狭町) 憩いの場に JR小浜線最古の木造駅舎 構内の喫茶店「ほっとむら」人気|日刊県民福井Web

駅を守れ!福井 地域住民の力で廃止から一転 憩いの場所に|NHK 福井放送局 

クラウドファンディングもやってたんですね。

築104年のJR小浜線十村駅舎を地域活性化の発信ステーションに!|クラウドファンディングREADFOR


喫茶コーナー入り口。

0002r_20231012083201

メニューボード、一番下には「休憩…0円」の文字。
喫茶を利用しなくても中には入れそうです。

店内に置かれてたメニュー。

0003r_20231012084101

ぜんざい200円を注文したら、
「値上がりしちゃって…」と申し訳なさそうにされたけど(以前は100円だったみたい)、
200円でも十分お安いです。

カウンター席でホームや線路を眺めながら、まったり。

0004_20231012084001
P1100707 0005_20231012084501

すっきりした甘さとよーくのびるお餅のぜんざい。
とてもおいしかったです。

列車が来るのは、1時間に1本くらい。
(ぜんざいの左横にあるのが時刻表)

ラッキーなことに、ちょうど列車が到着したので、連写で撮ってみました。

0006_20231012084701 0007_20231012084701 0008_20231012084701

店内は、地元の方々の憩いのスペースって感じ。
ゆったりいい雰囲気でした。

十村駅には臨時観光列車が停車することもあるみたい。
乗ってみたいな-。

敦賀から小浜線経由で城崎温泉行き、臨時列車が初運行 観光プレ企画、鉄道ファンらローカル線の旅満喫|福井新聞ONLINE

すしごえもん

お買い物がてら福井までドライブ。
昼食は、若狭小浜お魚センターにあるこちらのお店で。

◇すしごえもん

0001r_20231010142701

以前訪れて↓、その後も何度か食べに行っている「お刺身処五右衛門」さんの姉妹店だそう。
ちきんばすけっとぶろぐ2022.12.03お刺身処五右衛門

0002r_20231010142901 Dsc_0735r

メニューは、寿司セット(若狭の握り十貫)一択ってことで、
いただいたのは、おそばとのセット1,700円。

0003_20231010143101

見た目のインパクトは、五右衛門のお刺身定食ほどではないけど、
新鮮で大きめのネタに、ほどよい量のシャリで、満足のお昼ご飯になりました。

0004_20231010143201

最近、値上げされたみたいだけど(前は1,500円だった?)、
それでもお安くてお得感ありありです。

そうそう、帰りにちょっと覗いてみたお刺身処五右衛門さんも、
お刺身定食は1,700円、海鮮丼は2,000円になってました。

すしごえもん | 当施設のご案内 | 小浜観光・お土産・鮮魚【若狭小浜お魚センター】

すしごえもん - Obama Bay Side

若狭の梅干し

自然食品販売 - 民宿だいらや

0001r_20230820143101 0002r_20230820143101

道の駅熊川宿の売店で購入。
300g540円。

塩だけで漬けられているシンプル梅。
酸味も塩味もほどよくて、食べやすいです。

道の駅 熊川宿

*-*-*

◆治兵衛 つぶれ梅ぼし400g600円と梅シロップ850円

0004r_20230820143601 0003r_20230820144201

国道162号線沿いにある梅ぼし直売所。
ビニールハウスの中には、梅が干されてました。

紫蘇漬けの梅は、果肉が柔らかく、すっぱくてしょっぱいけど美味。
梅シロップも、炭酸で割って飲むのに最適でした。

サバカフェ (Saba*Cafe)

道の駅熊川宿の向かいにあるサバカフェでランチ。

Saba*Cafe-Saba*Cafe

00r_20230820135301

いただいたのは、サバサンド(ドリンクセット)1,800円

0001rr_20230820135601

メニューの写真だと、そんなに大きそうに見えなかったので(手のひらサイズくらいかと思ってた)、
けっこういいお値段するのねーなんて思いましたが、
実際に運ばれてきたのを見て、お値段に納得。

0005r_20230820135701

この写真でも大きさが伝わりにくいけど、
パンは長さ20センチくらいあって、付け合わせのポテトもたっぷり。

ふわふわのパンに、肉厚のサバフィレ、
ピリ辛でほどよい酸味のタルタルソースに、さっぱりした味のオニオンと、
バランスのよいおいしさで、おなかいっぱい~なんて言いながらも、ペロリと完食。
付け合わせのポテトも、揚げたてで美味でした。

このあたりは、福井での釣りの行き帰りに通ることが多いので、
昼間に通ることがなかなかないんだけど、また行けたらいいな。

ゑびすや チキン醤油カツ丼

越前大野で夕食。

「そばはうす ゑびすや」さんで、
ご当地グルメの醤油カツ丼をいただきました。

おろしそばとのセットを食べる気満々だったんだけど、
行った時間が遅くて、おそばは売り切れということだったので、
醤油カツ丼(単品)940円を。

0001r_20230623121101

こちらの醤油カツ丼は、チキンカツ使用ということで、
どんなのかなーとワクワクしながら待つことしばし。

運ばれてきたのは、カツのタワーでした(笑)。
チキンカツ、何枚乗ってたんだろ?

0002_20230623121101

薄く伸ばされた鶏肉とサクサクの衣の軽い食感のカツに、
甘めの醤油ダレと大根おろしがよく合って、
パクパクいけちゃうおいしさ。

運ばれてきた時は、食べきれるかなーと心配になったけど、
食べ始めてすぐに、そんな心配は無用なことに気づきました(笑)。

ああ、書いてたら、また食べたくなってきちゃった。
次は、おそばがある時間に行くよ!

お刺身処五右衛門

お買い物がてら福井までドライブ。
おいしいお刺身が食べたい~ってことで、
ランチは若狭小浜お魚センターにあるコチラのお店で。

若狭小浜お魚センター

◆お刺身処五右衛門
001r_20221206135201

お魚センターにお店がある鮮魚店・大沢商店が営むお食事処。
お店の雰囲気は、いかにも市場の食堂といった感じ。

いただいたのは、お刺身定食。
002r_20221206135201
たっぷりのお刺身に、ごはん、味噌汁、漬物が付いて1,400円。
てんこもりのごはんは、1杯なら無料でおかわりOKだそうです。

お刺身ズーム。
003r_20221206135301
旬のお魚がたっぷり。
おいしさとボリュームに大満足でした。

家族が注文した海鮮丼は1,500円。
004_20221206135301
ごはんは普通の白飯だったそう。

ネタの種類はお刺身定食と同じだけど、
ごはんの上に3重くらい刺身が盛られてるので、
見た目よりボリュームがあったそうです。
お味はもちろんgood。

夜もやっているそうなので、若狭方面に行くことがあったら、またぜひ寄りたいです。

半夏生サバ

雑節(ざっせつ)の一つで、夏至から数えて11日目が「半夏生(はんげしょう)」。
今年は7月2日でした。

古来から田植えの目安とされている日だそうで、
関西では「稲がタコの足のように大地にしっかり根付くように」という願いを込めて、
タコを食べる習慣があるそう。

スーパーのチラシも、タコ、たこ、蛸でした。
(写真のチラシは、ライフ、関西スーパー、ダイエーのもの)

0001r_20220707111301 0005r_20220707113501 0006_20220707113501

…と言っても、バイト先(大阪・北摂地方)の同僚ふたりに聞いたら、ふたりとも「そんな習慣は知らない」と言ってたので、
一口に関西といっても、地域や家庭によるのかもしれませんが。

*-*-*

半夏生の日に食べるものは、地方によっても違うらしく、
釣りでよく訪れる福井県大野市周辺で食べられているのは、
「はげっしょさば」と呼ぶサバの丸焼き。

半夏生さば - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイド

文化庁認定100年フード「半夏生さば」 大野市公式ウェブサイト

江戸時代、大野の藩主が、農作業で疲れた庶民を労い、
大野藩の飛び地である越前海岸から取り寄せて食べさせたのが始まりといわれているそう。

ちょうど7月2日に、家族が大野に釣りに行くというので(私も行きたかったけど出勤日だった(涙))、
帰りに半夏生サバを買ってこい!という指令を出しておきました。

買いに行ったのは、市内にある大亀屋さん。

大亀屋 - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイドー

0004_20220707115301

お店の前は半夏生サバを買いに来た人の行列が!
予約無しの人は、1日1本までの購入で、約1時間半待ちと言われていたそう。
ひょえー。

そして、買ってきたのが、このサバ。

0002r_20220707115301

この写真では、大きさもおいしさも伝わらないかもだけど、
サバは、ほどよい塩味で、脂が乗ってて、ジューシーで、ふわっふわ。
今回は初めてだったので2人で1本にしたけど、このおいしさなら一人1本でもイケちゃうかも。
この日は仕事で疲れてグッタリだったけど、このサバを食べたら元気が出ましたよ。

おいしそうなニュース映像↓

7月2日は「半夏生(はんげしょう)」 街中にサバの香ばしい香り【福井・大野市】福井テレビ Yahoo!ニュース

夏の風物詩「半夏生さば」 店先に香ばしい漂い:朝日新聞デジタル

サバと一緒に並べているのは、福井県永平寺町にある吉田酒造さんの「鯖光る」というお酒の4合瓶。
名前の通り、サバとよく合う、すっきりした味わいのお酒でした。


鯖光る(辛口食中酒) | 吉田酒造有限会社

さあ、これで、暑い夏を乗り切るぞー。

生きくらげ

越前大野での釣りの帰りに、道の駅九頭竜で買った「生きくらげ」。
1パック(110g入り)380円。

0001r_20220623125701

ミネラル豊富な荒島岳の地下水で栽培しているそう。

(2年前の記事だけど、こんなのも見つけた↓
コリコリ食感キクラゲ 大野で出荷:中日新聞Web:2020/08/01 )

0002_20220623130901

パッケージに「刺身が一番!」と書かれてたので、
さっと湯通しして、わさびじょうゆでいただきましたが、
肉厚でぷりぷりの食感とクセの無いお味は、
酒のあてや料理の箸休めにぴったり。

買ったときは、炒め物やスープなどにもしてみようと思ってたけど、
結局、全部お刺身で食べてしまいました。

後日、越前大野にあるスーパーVioのかじ惣でも購入。

福井県ショッピングモール Vio

003r_20220623131501

生産者さんによって、味の違いがあるようなないような?
生きくらげ、売られているのを見たら、買わずにいられなくなりそうです。

越前大野でとんちゃん

越前大野で釣り。
夕食は「焼肉とんちゃんのおおみ駅前店」で。

0002_20220621131601  0003_20220621131801

とんちゃというのは、越前おおののご当地グルメで、
牛、豚の内蔵のホルモンを味噌・醤油・砂糖・みりん・にんにく・唐辛子・調味料などで味付けしたもの。
ホルモンの臭みも無く、スパイシーな味付けにビール(この日はノンアル)もごはんも進みます。

焼肉・とんちゃん - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイド

0001_20220621133301 0004_20220621131801

写真は白トンちゃん1人前462円(税込)。
お値段お手頃なのもgoodです。

0005_20220621132501

大美は、鶏肉メインのお肉屋さんなので、
コリコリとした食感が楽しくおいしい親どり皮や、
味付け鶏肉の元祖大美焼きもオススメ。

モンベルご当地デザインTシャツ

「道の駅 越前おおの荒島の郷」にあるモンベルショップ(モンベル越前大野店)で買った
店舗限定のご当地デザインTシャツ。3,080円。

0001r_20211001111901

雲海の中にそびえる荒島岳がデザインされています。

000  0002r_20211001112101

素材はウイックロンなので、汗をかいてもさらっとした着心地。
UVカット機能があるのもいいですね。

モンベルのご当地デザインTシャツ、今まで知らなかったんだけど、
たくさんの種類があるんですねえ。

モンベル | 店舗 | 【店舗限定】ご当地デザインTシャツ販売中!

これからは、旅先でモンベルショップを見かけたら、チェックしなきゃ。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ