人形・おもちゃ

誕生50周年記念 リカちゃん展

阪急うめだギャラリーで開催されている
「誕生50周年記念 リカちゃん展」に行ってきました。

1710300001r 1710300002r

会期は10/25~11/6。入場料は800円(阪急系のカードで割引あり)。
今回はバイトの同僚さんから招待券をもらいました。感謝(^^)

1710300003r 171030r

1967年に誕生した着せ替え人形リカちゃんは、今年で誕生50周年。
1967~1971年の初代リカちゃん、1972~1981年の2代目リカちゃん、
1982~1986年の3代目リカちゃんとモデルチェンジを繰り返し、現在は4代目リカちゃんが活躍中です。

会場には、初代~4代目までのリカちゃんや、家族、友達などのお人形約580体や、
リカちゃんハウスなどのグッズがずら~り。
開発ノートや当時のCMも見られて、とても見ごたえがありました。

私は子ども時代は、お人形遊びを全くしなかったので、「懐かしい」とかは無いんだけど、
近くで鑑賞している人達の「あ、これ、持ってたー!」とか「これ、欲しかったんだよねー」なんていう声に、
なんだかキラキラと楽しい気持ちになりました♪

*-*-*-*

各界著名人や有名ブランド50組とコラボした「50周年お祝いコラボリカちゃん」のコーナーは撮影OK。
全部撮る気力はなかったので(^^;、ちょっとだけご紹介。

2017_10310075r

1710300004r 1710300006r

1710300008r

”リカちゃんの生みの親”佐藤安太氏とのコラボリカちゃんの腕にはダッコちゃん。

1710300009r 09171025009r

アリアナ・グランデリカちゃんに、浅田真央リカちゃん。

1710300011r 1710300016rr

昭和の人形作家・宇山あゆみリカちゃんは、レトロカワイイ♪
辻が花の一竹工房リカちゃんは、一見シンプルなお着物だけど、よーく見ると、織りや染めがスゴイの。

1710300014r 1710300015r

ゴディバリカちゃんと、ルートートリカちゃん。
リカちゃんサイズのルートート、販売して欲しいわ。

1710300012r 1710300013r

チャルメラリカちゃん。
こんな服もちゃんと着こなしちゃうリカちゃん、すごいです。

メーテル風リカちゃんは、初代リカちゃんのデザイン監修に関わった漫画家・牧美也子氏とのコラボ。
牧氏と「銀河鉄道999」を描いた松本零士氏とはご夫婦だったんですねえ。知らなかった(@_@)

1710300018r 1710300019r

他にも、ジオラマがあったり、自分を箱入りリカちゃんのように撮れる撮影ブースがあったり。

*-*-*-*

アートステージ(グッズショップ)では、抗菌マスクケース(300円+税)を購入。

1710300020

12,960円のリカちゃん展限定リカちゃんは、すでに売り切れてましたですよ(@_@)

芸術は爆発だー!!?

やっと見つけた「コップのフチの太陽の塔」。

奇譚クラブ > 商品一覧 > コップのフチ子 > コップのフチの太陽の塔

15093010 15093020

1回400円、全7種類のガチャガチャで、写真のコは、「乗り越え太陽の塔」クン。
意思と可愛さを感じさせるポージングが、すばらしいです。

*-*-*

太陽の塔といえば、吹田市のマンホールも太陽の塔がデザインされています。
15093030
カラー版もあるらしいのですが、私はまだ出会ったことがありません(^^;

ホンモノの太陽の塔に会いに、久しぶりに万博記念公園に行ってみようかな。

万博記念公園

ル・クルーゼ

愛用のお鍋
1502260001
…ではなくて、ダイドードリンコの「和果ごこち ゆずれもん」のおまけ。
「ル・クルーゼ キッチン マグネット」。

ダイドードリンコ株式会社

1502260002
関西スーパーで、1本89円(税込)で売られてました。
こんなステキなおまけつきで100円以下とは、なんてお安いっ!happy02

1502260003 1502260004
{ココット・ロンド}、{ココット・ダムール}、{ソースパン}、{ココット・レクタンギュラー}、
それぞれ3色ずつの全12種だそう。
今回は、ココット・ロンドの朱色をゲット。

「jマグネット」なので、ひっくり返すとこんな感じ。
1502260005

ホンモノのル・クルーゼに、くっつけることもできます。
1502260006
(だから何?って話だけど(^^;)

1/6ドールにも、いい感じのサイズでしたよ~note
1502260007

切手の博物館&目白でごはん

東京で、ちょっこっとだけ時間ができたので、切手の博物館の「世界の人形展」へ。

14112000001

夏に立ち寄ったときに、次回の企画展示のテーマが人形と知って、気になっておりました(^^;
会期は2014年10月2日(木)~12月28日(日)。

14112000002

観覧料は200円。
展示品の撮影は禁止っぽかったので、写真はないけど、世界のいろんな人形の切手、約800点が展示されていて、見ごたえがありました。
あとでゆっくり眺めたいので、図録とかがあったらいいのになあ。

ショップでは、切手を集めた図柄のポストカードを購入。
14112000003
人形とはあんまり関係ないけど(^^;

切手の博物館

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ランチは、マスコットのコッコちゃんのイラストが可愛いこちらのお店で。

hiroma*

1411200001 14112000051
目白駅から歩いて10分くらいの静かな場所にある、週3日だけオープンする、隠れ家的カフェ。

週替わりのhiroma*プレートは、野菜たっぷりのポタージュスープ付きで、1000円。
1411200003
今週のメインは、国産牛100%ハンバーグか鮭のソテーということだったので、ハンバーグをチョイス。
副菜は野菜たっぷりで、カラダにじんわりしみこむようなおいしさ。

デザートにいただいた、ふるふる豆乳プリン400円も、黒糖の甘みが絶妙。
1411200004
ハンドドリップで淹れたコーヒーは、思わず「おいしい…」とつぶやいてしまうほどのお味。
居心地もよくて、オシャレでステキなランチになりました♪

カレーやケーキなど、他のメニューもおいしそうだったので、機会を作って、また行かなくてはっ。

鳥獣戯画と高山寺展

阪急京都線に「西院(さいいん)」という駅があるんですが、
そこを通るたびに、マンガ「NARUTO(ナルト)」(岸本斉史 集英社)の登場人物「サイ」を思いだし、心の中で「忍法 超獣戯画!!」と唱えてしまうワタシです。

・・と、関係あるような無いような話をしつつ。

京都国立博物館で開催されている
「修理完成記念 国宝 鳥獣戯画と高山寺」展に行ってきました~。

京都国立博物館

141009001 141009003r
展示されているのは、4年にわたる修理を終えた鳥獣人物戯画・全4巻と、
高山寺中興の僧・明恵(1173~1232)に関わる絵や書や遺愛の品などなど。

会場は、明治古都館(本館)。
会期は、前期が10月7日〜11月3日、後期が11月5日〜11月24日。
観覧料は一般1500円。

*-*

混むだろうなあと思ってはいたけど、平日なのに、想像以上の混みっぷり(@_@)
開館ちょっと前に博物館に到着して、入場まで15分くらい、
鳥獣戯画甲巻の展示室は、校外学習らしき小学生団体の後ろになってしまったこともあって、30分くらい待ちました。
141009002 
写真は、帰るとき(午後2時頃)に撮ったもの。

行列攻略には、混雑状況が随時ツイートされてる公式twitteが参考になります。
鳥獣戯画展

蛙や兎が登場する、有名な甲巻は、行列してる上に、
係の人にも「前の人に続いて、立ち止まらないように、ご覧下さい~」と急かされるので、あまりゆっくり見ていられないのは残念だったけど、かぶりつき状態で一通り見られるわけだし、乙・丙・丁巻はゆっくり見られて、明恵上人関係の展示も見ごたえがあったので、満足度はまずまず(^^)

音声ガイドは、520円で、解説件数21件、解説時間は約35分。
ナビゲーターは京都出身の佐々木蔵之介氏、ナレーションは松尾佳子氏(「母をたずねて三千里」のマルコや、「ふしぎの島のフローネ」のフローネ役だった人ですね♪)。
落ち着いた柔らかい声で、ゆったりとした気分になれて、よかったです。

解説の他に「待ち列で楽しめるボーナストラック」も6点入っていて、
混雑を見越して準備万端だわー、と感心したりも(笑)。

佐々木氏のご実家は、洛中唯一の造り酒屋、佐々木酒造。
ミュージアムショップには、鳥獣戯画がラベルになったお酒も売られてましたよ(^^)

Twitter佐々木酒造小売部

*-*

ミュージアムショップでは、図録2600円と、手ぬぐい1080円を購入。

141009004 141009005
図録には、出展全作品の他に、鳥獣人物戯画の原寸大の名場面や、修理報告も載っていて、読みごたえバツグン。
付録の、鳥獣人物戯画の全4巻・全場面を掲載した豆本は、
人形遊びの小物にも使えそう(^^;) 

手ぬぐいは、鳥獣戯画甲巻に出てくる動物がいっぱい。
1410090060 141009007
裏にも柄があったら、もっとよかったのに。

*-*-*

こちらは、京都国立博物館で9月にオープンしたばかりの平成知新館。
141009008 141009009
東京国立博物館の法隆寺宝物館に似てるような?と思ったら、
設計は、どちらも谷口吉生氏だそう。

こちらではオープン記念の「京(みやこ)へのいざない」という展覧会を開催中。
1410090010
鳥獣戯画と高山寺展のチケットでも入場可というので、入ってみましたが、3階建ての建物内には、陶磁器に書、絵画、仏像と、国宝や重文の展示物がいっぱい!

鳥獣戯画展とはしごするには、見ごたえがありすぎで、
最後の方で見た「宝誌和尚立像(重要文化財 西往寺)」は、
一瞬、「目が疲れてピントが合わなくなった?」と思ってしまいましたよ(^^;
1410090011
写真は、「京へのいざない」チラシより。
実物は、もっとブレブレ感があります(笑)。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

そんなこんなで、見終わったら午後2時近く。

ランチにとチェックしていたお店のうち2軒は、
「本日のランチは売り切れました」だったので(観光シーズンの京都を舐めてたわsweat01)、七条駅近くのこちらのお店へ。

 
◇まんぞうハーツ サービスランチ[京風どて煮+小うどん] 810円(税込)
141009m001 141009m004

141009m002 141009m003

とろとろに柔らかい牛肉たっぷりのどて煮に、
昆布だしがきいた、やさしいお味のうどん。
ボリュームもあって、おいしゅうございました(^^)

旧西尾家住宅のおひなさま

吹田市内本町にある旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)へ。
1402250001 1402250002
西尾家というのは、江戸時代に仙洞御料の庄屋を勤めていた家で、
この建物は、西尾家の第十一代と十二代によって、
明治中期から昭和初期にかけて建築・整備されたものだそう。
平成21(2009)年12月には、重要文化財にも指定されたそうです。

見学は無料。
通常は、ボランティアガイドの方に説明してもらいながら、
1時間くらいかけてじっくり見学するんだけど、
今回は、ひな人形の展示を見るのが目的だったので、
説明なしで見学させてもらいました。

旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)

参考までに、2008年に見学したときの記事はコチラ
そして、昨年3月に、オリンパスE-PM1で撮った写真はこんな↓感じ。
(見学途中でカメラのバッテリーが切れて、庭園や離れや茶室が撮影できなかったので、記事にしなかった(^^;)

廊下と照明。
1303050001 1303050002

レトロ~なスイッチボード。
1303050004 1303050005

タイル貼りの配膳台と、手の込んだ配膳台の飾りなど。
1303050006 1303050008 
1303050007 1303050009

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

で、今回の写真。
(カメラはPENTAX Q 02 STANDARD ZOOMを使用。
露出ミスで赤っぽくなっちゃった写真が多いですがsweat01

1402250003 1402250006
玄関部(味々庵)に飾られていた御殿飾り雛。
昭和4(1929)年に京都島津で作られたものだそう。
1402250004 1402250005
「御殿飾り」というのは、最上段に御所の紫宸殿を模した「御殿」を作り、その中に内裏雛を飾るというもので、上方で主流だった飾り方だそうです。
御殿の中、向かって右に男雛、左に女雛。

*-*-*

座敷に飾られていた段飾り雛は、向かって右に女雛、左に男雛。
1402250012 1402250013

撮影禁止だったので、写真はないけど、
座敷の床の間には、西尾家の第十二代当主・愛太郎の子の誕生に合わせて贈られたという、京都・丸平製(おおっ、ここにも!)の平飾りのひな人形も。
気品ある顔立ちのおひなさまでした。

*-*-*

貴志康一生誕の間に飾られていたのは、段飾りの御殿雛。
1402250010 13030500
御殿飾りだけど、向かって右に女雛、左に男雛が飾られていて、東西折衷な感じ?(^^;
今年は説明の展示がなかったけど、
昨年飾られていたものと同じなら、昭和13(1938)年に作られたお雛さま。
(右の写真は昨年のもの)

*-*-*

他にも、立ち雛や、掛け軸や、貝合わせなどが飾られていて、
ひな祭り~cherryblossomな雰囲気を満喫できました。
1402250008 1402250009 1402250020

*-*-*

そうそう、昨年まで、貴志康一生誕の間の隅っこで寂しげだったいちまさんは、
髪をきれいに整えられて、座敷の床の間に飾られてましたよ。
よかったよかった。
1402250014rr

去年のいちまさん1303050003

いちまさんがいたタンスの上には、
昭和初期のものというポーズ人形さんが飾られてました。
1402250011

今回も、庭園や茶室や離れは見学せず、写真も撮らなかったので、
また機会を作って見学に行かなくてはっ。

中村軒のおひなさま

京都・桂にある「御菓子司中村軒」の茶店へ。
1402220001

中村軒

いただいたのは、11月~2月限定のお雑煮900円と
12月~2月限定のみたらしだんご210円。
1402220003 1402220006
お雑煮には、丸餅がふたつと、頭芋がひとつ入っていて、
お店で削った削りたてのかつおぶし付き。
1402220004 1402220005
山利商店の白味噌を使ったお出汁と鰹節の香ばしさが、
とろ~りやわらかいお餅にからんで、お味はまったり、たべごたえはガッツリ。
おいしゅうございました。

P1030907
みたらしだんごは、醤油味と白味噌味の2種類。
すっきりした甘さのタレの醤油味は、安定のおいしさだけど、
山椒が効いた白味噌味も、なかなかでした。

おみやげには、花見だんご1本180円を。
1402220007
桜味のピンク、抹茶味の緑、甘くてモチモチの白、
それぞれのお味がおいしく楽しく、
お天気のいい日に、外で食べたくなりましたsun

この時期は、茶店の座敷に雛人形が飾られていたりもribbon
140222h01 140222h02
内裏雛は、明治時代につくられた丸平さんのものだそう。

あ、「丸平さん」というのは、京都中京区にある「丸平大木人形店」のこと。
皇室や旧家のお嬢様などが、ここでひな人形を誂えたという、老舗の人形店だそうです。

そういえば、以前、ヨドコウ迎賓館で見た雛人形
(ヨドコウ迎賓館の建築主で山邑家の8代目当主の太左衛門が、
長女雛子さんの誕生を祝って作らせたもの)も丸平のだったし、
谷崎潤一郎の「細雪」にも、
『この家の雛というのは、昔悦子の初節句の時に京都の丸平で作らせたもので』
なんていう記述があったような・・・。

中村軒さんのおひなさまは、段飾りにはなってるけど、
お内裏様と三人官女の他は、花嫁人形やたいこもち人形、いちまさんなどが並んでいて、
ゆる~っとした感じ。
140222h03 

でもって、更に下の段には、お人形サイズの調度品が、ずらずらーっと。
140222h04 140222h05 140222h06
古くて貴重なものばかりなので、さわったりすることはできないけど、
また行って、おいしい御菓子をいただきながら、じっくり眺めたいです。

リカちゃんキャッスルin大阪

梅田アクトⅢホールで開催された「リカちゃんキャッスルin大阪」に行ってきました~。
1401260001 1401260002
あ、「リカちゃんキャッスル」というのは、昨年20周年を迎えた
福島県にあるリカちゃん人形のオープンファクトリー&博物館。
全国各地でも、お人形の販売をメインにしたイベントを開催しているそうです。
(詳しくはココ↓でチェック!)
リカちゃんキャッスル出張イベント情報

イベントの存在はなんとなく知っていたけど、行くのは今回がはじめてでしたsweat01
会場には、服を着て展示されたお人形や
売り物の箱入りのお人形などがずらーり。

どのコもかわいかったけど、特に気になったコをパチリcamera&メモpencil
こうやって撮ってまとめてみると、自分の好みがよくわかりますね(^^;

着物モデル。
1401260003

1401260005 1401260006
リカちゃんときらちゃん。

着物さん達は、後ろ姿も粋。
14012600032
この着物、総裏だったりするんだよねー。スゴイ。

バレンタインのマリーさん。
1401260004r
小公女ごっこができそう?

2014-1月TOGOドールのみらいさんと『クラシックモードフェア』のGalum×みらいさん。
1401260008 1401260009
TOGOドールのみらいさんを見てたら、
「はみだしっ子」(作/三原順)というマンガに出てきたクークーという女の子を思い出したよ・・・。

うふふheart04と言う声が聞こえてきそうな縦ロールさんふたり。
1401260007
2月のTOGOドールの初代ジェニーさん。

そうそう、普通のおもちゃ屋さんで売られているリカちゃんやジェニーさんは、
(株)タカラトミーの商品で、中国製のモノも多いんだけど、
ここに並んでいるのはリカちゃんキャッスルで作られた国産品。
やっぱり、作りや表情が違う気がします。

ってことで、私もひとりくらいは連れて帰ろうと、お人形教室のジェニーを物色happy01
お人形教室というのは、リカちゃんorジェニーに、ドレスと小物を自由に組み合わせて、
自分だけのリカちゃんやジェニーを作る事ができるというもので、
お値段は、リカちゃんが1800円、ジェニーが2200円。

こんな風にどっさり置かれているお人形から1体を選びます。
140126010
同じジェニーさんのはずなんだけど、
髪型や、髪の色、目やリップやチークの色の違いで、かなり雰囲気が違うので、どのコにするか、もう迷いまくり・・・。

あれこれ見比べているうちに、自分が欲しいのがどんなタイプの子だったのかすら分からなくなってきたので、もう今回の選択ポイントは、「うちにいない髪と目の色のコ」ってことでいいや!と、
このコ↓を連れ帰ってきましたsweat01
140126012 140126011
オレンジ系の明るい髪色&緑目のジェニーさん。
服と小物は、高原のお嬢さん風でまとめたつもり(季節はずれだけど(^^;)。

(うちにいる他のジェニーさん(アウトドアとかJASとかSPSとか)と撮ってみた
ツーショット写真などはコチラ

うちに、リカちゃん系の新しいお人形が加わるのは、なんと7年ぶり。
撮影とか服作りとか、またいろいろ遊ぼうと思いますnote

中之島 冬のアヒルちゃん

『中之島ウエスト 冬ものがたり2013』の中之島ウォーターファンタジアに
あの巨大アヒルちゃんが登場sign01というので、見に行ってきました。
(水都大阪2012のアヒルちゃんを見に行った時の記事はコチラ

中之島ウエスト 冬ものがたり2013

アヒルちゃんが浮かんでいるのは、堂島川沿いのほたるまち港。
131216001 131216002
あ、この巨大なアヒルちゃん(ラバー・ダック)は、
オランダの芸術家フロレンタイン・ホフマン氏の作品で、高さは9.5m。
「政治的な意味合いで分断される国境などに関係なく、世界中の水辺を旅している」
という設定で、「喜びや幸せの象徴」でもあるそうです。

千鳥土地開発株式会社 アヒルプロジェクト

今回は、噴水と光と音楽がシンクロしたショーとコラボしているので、
ショーの時間は、音楽に合わせたライトアップで、
アヒルちゃんの表情が変わるように見えるのもイイ感じ。
131216003131216004131216005

こちらは、ABCリバーデッキから見たアヒルちゃん。
131216006 1312160061
131216007
遠くから見ても存在感ありまくり(^^)

こちらにも、小型(といっても、けっこう大きい)のアヒルちゃんが3羽いましたよ。
131216008

会場横では、缶バッジやステッカーなど、ラバーダックのグッズが売られていたので、
30分ほど並んで、レプリカを購入。
131216011
1羽1000円。
シリアルナンバー入りの4000個限定で、
この日は、1時間ごとに25羽ずつの販売でした。
お店のお姉さんが、「かわいがって下さいね♪」と言いながら渡してくれて、
ほんわかした気分になったりheart04
バニラのような甘~い香り付きなのにも、癒されます。

1/6ドールとのツーショットsmile
131216013
レプリカアヒルちゃん、思っていたより大きかったです。

*-*-notenote-*-*-*

アヒルちゃんを満喫したあとは、なんばに移動して、お友達が出演するライブへ。
131216m1
ほろ酔いで、心地よい音に身をまかせつつ、
音楽って、才能ってスゴイなあ、と思うライブでありましたよ・・・。

ゆっぴ~

京都府南丹市にある道の駅、スプリングスひよしの駅長「ゆっぴ~」。
1312010002 1312010001
「ひよし温泉のお湯が大好きで長湯をしてしまい、
身体がふやけて風呂桶から抜けなくなったひよこちゃん」で、
南丹の観光大使でもあるそうです。

愛媛県今治市のゆるきゃらバリィさんとよく似ているけど、
誕生したのは、ゆっぴ~が2002年、バリィさんが2009年と、
ゆっぴ~の方が7年も先輩なんだそうですよ。

物産販売所の「里の市」では、タオルや缶バッジなど、いろんな種類のゆっぴ~グッズが売られていたので、マスコットストラップ525円を買ってみたり。
13120100

せっかくなので、うちにいるバリィさんとツーショットでパチリcamera
1312010003
色合いや服装?はよく似てるけど、性格はかなり違いそう。
巷でよく見かける、「顔立ちは似てるけど、のほほん~とした性格のお兄ちゃんと、しっかりちゃっかりした性格の弟」みたいな?(笑)

実際のゆっぴ~とバリィさんは、赤の他人(他鳥?)だけど、
これからは、どちらも応援しますぜっchickshine

*-*-*

道の駅スプリングスひよしには、温泉や物産販売所の他にレストランもあって、
特産品を使ったメニューや、「医食同源」を基本とした薬膳料理がいただけたりも。

ってことで、今回は、12/1に解禁になったばかりのぼたん鍋と、
野生の鹿を使ったすきやきをいただいてみました。
どちらも、うどん、ごはん、香の物がついて、1500円。

1312010004 1312010005

ぼたん鍋は、さらっとした味わいの味噌味のダシに、厚めに切られた猪肉3枚に、白菜、ネギ、しめじ、エノキ、水菜などの野菜入り。
1312010008 1312080009
丹波亀岡産という猪肉は、ちょっぴりクセのある味だったけど、
野性味があって、これはこれでおいしゅうございました。

鹿すきは、野生鹿のバラ肉に、マイタケ、ゴボウ、しめじ、水菜などの野菜と、しらたき、焼き豆腐入り。
1312010006 1312010007
鹿のバラ肉は初めて食べたけど、コリッとした歯ごたえに、コクのある脂がジューシー。
割り下の味ともよく合っていて、赤身の部分ほどのクセもなく、後味は、ちょっぴりラムに似てるかな、って感じ。
とてもとても好みの味でした。

どちらもお手頃なお値段で、珍しいお肉が食べられ、ボリュームもたっぷりで大満足。
道の駅にしては遅くまで営業してるので、ドライブ帰りの夕食にも使えて便利だと思います。
また行くよっ!rvcar 

道の駅 スプリングスひよし

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ