食べもの

BELLOTA+(ベジョータ マス)でローストチキンランチ

新大阪の新なにわ大食堂にあるBELLOTA+さんでランチ。

ベジョータ マス - 新大阪駅のスペインバル

001r_20220802170401

いただいたのは、
『名物!!「元祖極上」ローストチキンランチ』850円(税込)。

ローストチキンどどーん!
写真にはちょっとしか写ってないけど、味噌汁も付いてます。

丸2日漬け込んで、1時間かけて焼き上げているというローストチキンは、
しっとりジューシーで、飽きのこないおいしさ。
パクチーとニンニクのソース(緑色の)も、
いいアクセントになっておいしかったです。

最初はフォークとナイフで食べてたけど、最後は手づかみでムシャムシャ(笑)。
紙おしぼりが厚手の不織布っぽいやつなので、手がベタベタになっても大丈夫。
満足、満腹のランチになりました♪

ごはんは無料で大盛りにもできるそう。
隣の席の男性が注文していた100円のサラダも、
びっくりするぼとのボリュームでしたよ。

アカシアのロールキャベツ

東京・新宿にあるアカシアさん。

新宿 アカシア ロールキャベツシチュー - SHINJUKU ACACIA since1963

0001_20220715153101

ここのロールキャベツシチューが大好きで、
帰省した時は羽田空港のお店で食べたりしてましたが
(実家から新宿は、ちょっと遠いのよ(苦笑))、
コロナ禍で帰省もできず、食べるチャンスがないまま、2年以上が過ぎてしまいました。

が。
今年に入って家族の出張が解禁に。
新宿にも立ち寄るというので、
アカシアのロールキャベツシチューをテイクアウトしてきてもらいました。\(^O^)/

テイクアウトの入れ物はこんな感じ。
レンジ対応なので、そのまま温められます。

0002_20220715153801
タバスコが付いてたけど、お店にもあったっけ?

テイクアウトのロールキャベツは、1貫(550円)から注文できるけど
今回はがっつり食べたかったので2貫(950円)で。

0003_20220715154001
アカシアさんでは、ロールキャベツを1貫、2貫と数えるんですよね。

コクのあるお肉+トロトロで丸呑みできちゃいそうなキャベツと、
クリーミーで奥深い味ソースがたまりません!

そしてそして、このソースと白いご飯の相性がバツグン!
お店では「お行儀悪いかな?」と躊躇しちゃう「ソースにごはんぶっ込み」も、
テイクアウトなら周りの目を気にせず思う存分できるのがうれしいです(笑)。

通販もあるみたいなので、利用してみようかなー。

半夏生サバ

雑節(ざっせつ)の一つで、夏至から数えて11日目が「半夏生(はんげしょう)」。
今年は7月2日でした。

古来から田植えの目安とされている日だそうで、
関西では「稲がタコの足のように大地にしっかり根付くように」という願いを込めて、
タコを食べる習慣があるそう。

スーパーのチラシも、タコ、たこ、蛸でした。
(写真のチラシは、ライフ、関西スーパー、ダイエーのもの)

0001r_20220707111301 0005r_20220707113501 0006_20220707113501

…と言っても、バイト先(大阪・北摂地方)の同僚ふたりに聞いたら、ふたりとも「そんな習慣は知らない」と言ってたので、
一口に関西といっても、地域や家庭によるのかもしれませんが。

*-*-*

半夏生の日に食べるものは、地方によっても違うらしく、
釣りでよく訪れる福井県大野市周辺で食べられているのは、
「はげっしょさば」と呼ぶサバの丸焼き。

半夏生さば - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイド

文化庁認定100年フード「半夏生さば」 大野市公式ウェブサイト

江戸時代、大野の藩主が、農作業で疲れた庶民を労い、
大野藩の飛び地である越前海岸から取り寄せて食べさせたのが始まりといわれているそう。

ちょうど7月2日に、家族が大野に釣りに行くというので(私も行きたかったけど出勤日だった(涙))、
帰りに半夏生サバを買ってこい!という指令を出しておきました。

買いに行ったのは、市内にある大亀屋さん。

大亀屋 - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイドー

0004_20220707115301

お店の前は半夏生サバを買いに来た人の行列が!
予約無しの人は、1日1本までの購入で、約1時間半待ちと言われていたそう。
ひょえー。

そして、買ってきたのが、このサバ。

0002r_20220707115301

この写真では、大きさもおいしさも伝わらないかもだけど、
サバは、ほどよい塩味で、脂が乗ってて、ジューシーで、ふわっふわ。
今回は初めてだったので2人で1本にしたけど、このおいしさなら一人1本でもイケちゃうかも。
この日は仕事で疲れてグッタリだったけど、このサバを食べたら元気が出ましたよ。

おいしそうなニュース映像↓

7月2日は「半夏生(はんげしょう)」 街中にサバの香ばしい香り【福井・大野市】福井テレビ Yahoo!ニュース

夏の風物詩「半夏生さば」 店先に香ばしい漂い:朝日新聞デジタル

サバと一緒に並べているのは、福井県永平寺町にある吉田酒造さんの「鯖光る」というお酒の4合瓶。
名前の通り、サバとよく合う、すっきりした味わいのお酒でした。


鯖光る(辛口食中酒) | 吉田酒造有限会社

さあ、これで、暑い夏を乗り切るぞー。

江戸屋和のわらび餅

新大阪駅で買った江戸屋和(なごみ)のわらび餅。
(1~2人前880円)

001_20220629115601002_20220629115601

消費期限は製造から3日後。
たっぷりのきなこの下には、大きなわらび餅が8切れ。

003_20220629115801

ぷるぷるもちもちとろとろで、すっきりした甘さのわらび餅に、
香ばしいきな粉がベストマッチ。
今回は一度に4切を食べたけど、2切れでも十分満足できる食べごたえです。

冷やしてもかたくならないので、暑い時期のおやつにもびったり。
新大阪での販売は7月末までみたいなので、
出店しているうちに、また買いに行かなきゃ。

姫路和菓子の江戸屋 和(なごみ)

生きくらげ

越前大野での釣りの帰りに、道の駅九頭竜で買った「生きくらげ」。
1パック(110g入り)380円。

0001r_20220623125701

ミネラル豊富な荒島岳の地下水で栽培しているそう。

(2年前の記事だけど、こんなのも見つけた↓
コリコリ食感キクラゲ 大野で出荷:中日新聞Web:2020/08/01 )

0002_20220623130901

パッケージに「刺身が一番!」と書かれてたので、
さっと湯通しして、わさびじょうゆでいただきましたが、
肉厚でぷりぷりの食感とクセの無いお味は、
酒のあてや料理の箸休めにぴったり。

買ったときは、炒め物やスープなどにもしてみようと思ってたけど、
結局、全部お刺身で食べてしまいました。

後日、越前大野にあるスーパーVioのかじ惣でも購入。

福井県ショッピングモール Vio

003r_20220623131501

生産者さんによって、味の違いがあるようなないような?
生きくらげ、売られているのを見たら、買わずにいられなくなりそうです。

越前大野でとんちゃん

越前大野で釣り。
夕食は「焼肉とんちゃんのおおみ駅前店」で。

0002_20220621131601  0003_20220621131801

とんちゃというのは、越前おおののご当地グルメで、
牛、豚の内蔵のホルモンを味噌・醤油・砂糖・みりん・にんにく・唐辛子・調味料などで味付けしたもの。
ホルモンの臭みも無く、スパイシーな味付けにビール(この日はノンアル)もごはんも進みます。

焼肉・とんちゃん - 福井県大野市観光情報ー越前おおの観光ガイド

0001_20220621133301 0004_20220621131801

写真は白トンちゃん1人前462円(税込)。
お値段お手頃なのもgoodです。

0005_20220621132501

大美は、鶏肉メインのお肉屋さんなので、
コリコリとした食感が楽しくおいしい親どり皮や、
味付け鶏肉の元祖大美焼きもオススメ。

てんやウイーク

6/13~6/19は、てんやWeak!

天丼てんや

テイクアウトの上天丼弁当が150円もオトクというので、
ちょうど東京出張だった家族に買ってきてもらいました。

20220615_150024r Dsc_0376r

海老2本に、れんこん、かぼちゃ、いんげん。
てんやでは、オールスター天丼や、季節限定天丼をチョイスすることが多いけど、
上天丼のシンプルさも良いものですね。

てんや、大阪には店舗が無いのが残念。
(兵庫の垂水駅前にはあるんだけど)
次に食べられるのはいつになるかなあ。

たこ壺カレー

新大阪駅に行ったら、
駅弁の実演コーナーで淡路屋さんの「たこ壺カレー」が売られていたので、思わず購入。
5月12日~25日までの期間限定販売のようです。

お弁当の淡路屋

0001r_20220525154201 0002r_20220525153801

お値段は1個1,200円。カレーなので、お箸の他にスプーンも付いてました。
掛け紙に描かれたターバンを巻いたタコちゃんがキュート。
壺のたこちゃんも、ちゃんとターバンを巻いてました。

ふたを開けると、カレーのいい香りが。
中には、ぷりっぷりのたこと、ピラフ風ごはんにのったドライカレー。

0003r_20220525154401

ほどよいスパイス感とボリューム。
そして、カレーとたこが、こんなに合うとは。
大満足のおいしさでした、

おはらい町でランチ

参拝の後は、おはらい町へ。

おはらい町・おかげ横丁 | 公益社団法人 伊勢市観光協会

0001rr

人の多さに、なぜか東京の原宿を思い出しました。
そういえば原宿も明治神宮の門前町みたいなものだよね。

*-*-*

お昼ごはんはこちらのお店で。

手こね茶屋内宮店 | 公益社団法人 伊勢市観光協会

手こねずし・伊勢うどん 手こね茶屋

0003r_20220414115901

いただいたのは、春夏期間限定の「名物合わせ 冷やし伊勢うどん」1,680円。

0005_20220414120701

手こねずしと伊勢うどんに、茶碗蒸し、ひじきの煮物、あおさのすまし汁が付いて、
なかなかのボリュームです。

0006_20220414121101 0008_20220414121201

手こねずしは、醤油ダレに漬け込んだカツオやマグロなどの魚を寿司飯と合わせたもの。
志摩の漁師が漁の合間に手で混ぜて食べたので、「手こね」なんだそう。
甘めの醤油だれに使った魚と、薬味のきいた寿司飯がよく合って、おいしかったです。

伊勢うどんは、うどんをたまり醤油でいただくもので、これも伊勢の郷土料理。
真っ黒いタレと、やわやわなうどんにビックリしたけど、これはこれで美味ですね。

ひじきの煮物とあおさのすまし汁も、とてもおいしくて、海が近いことを感じました。

手こねずしと伊勢うどん、いろんなお店の食べくらべもしてみたいなー。

伊勢でモーニング

大阪難波駅から約1時間半で伊勢市駅に到着~。

00001r_20220413114701

お参りの前に腹ごしらえってことで、
参道沿いにあるコチラのお店で朝ごはん。

伊勢外宮参道カフェビアンカ

00003r_20220413114801 00005r_20220413115101

いただいたのは、フレンチトーストサラダセット780円。

00004r_20220413115301

12時間以上漬け込んだというフレンチトーストは、
まるでブリンのようにふわふわとろとろ。
サラダのドレッシングも、さわやかなお味でおいしかった-。

コーヒーは、1杯ずつハンドドリップした、神戸御影ダンケのバターブレンドコーヒー。
コクのあるやわらかな味わいで、シアワセなモーニングになりました。

より以前の記事一覧

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ