ねずみのそうし

立杭焼を堪能?したあとは、篠山市街へ移動。
目的は「鼠草紙(ねずみそうし)」。

16010321r 16010320r 

秋に篠山に行ったときにもらったチラシ↑で見て、
あまりの可愛らしさに、心をわしづかみにされました(笑)。

ストーリーは…
権頭(ごんのかみ)という百二十歳のねずみが、清水の神様にお参りしたおかげで、十七歳の姫君(ねずみではなくて人間)をお嫁にもらうが、姫君は権頭がねずみであることを知って逃げ出してしまう。
姫君が都で、夫婦仲良く、ねずみを捕らえるのがうまい猫と一緒に暮らしていると知って悲しんだ権頭は、出家して高野山に向かい、途中で、同じような境遇の猫のご坊と出会い、意気投合して一緒に高野山をめざす…というもの。

なんかシュールなところもあって、魅力的です。

草紙が展示されているのは、篠山市立青山歴史村。

160103018 160103017

建物は、篠山藩主青山家の明治時代の別邸だそう。
入館料は300円。

篠山市立青山歴史村

「鼠草紙」は、漢学書関係の版木やら、藩政文書などと一緒の部屋に、ガラスケース入りで展示されてました。
ちょっと痛んでいる箇所もあったけど、色彩はとてもキレイに残っていて、抱きしめたくなるような愛らしさ。

実物は撮影禁止だったので、カラーの雰囲気を、購入した本から、ちょっとだけ紹介。

16010323 16010322
「篠山本鼠草紙 - 絵巻の文字がすべて読める -( 愛原豊/著  三弥井書店)」

カラー版の全影印と、詞書き・画中詞の全影印と翻刻、描かれている小道具などの解説が載っているので、
鼠草紙をじっくり楽しめそうです。
ちよこちょこ眺めては、可愛らしさに癒やされてますhappy01

篠山本鼠草紙 [ 愛原豊 ]

篠山本鼠草紙 [ 愛原豊 ]
価格:2,592円(税込、送料込)

さよなら海文堂

神戸元町の老舗書店・海文堂が、9月いっぱいで閉店するというので、
友人と一緒に行ってきました。

1309300001r

神戸には、そうちょくちょく行くわけでもないので、
海文堂書店さんにも数えるほどしか行ってないけど、
書籍のラインナップが、いかにも「街に古くからある本屋さん」という風情で、
棚を眺めているだけでも楽しく、
海事関係の本や小物がたくさん置かれているのも神戸らしくて、
とても気に入っていた本屋さんでした。

この日買ったのは、本2冊と手旗信号のマグネット。
130930004 130930003  130930005

「ほんまに」(500円)は、海文堂書店の月刊PR誌「海会(カイエ)」の別冊。
「日本船伝統のおもてなし 飾り毛布花毛布」(海文堂出版 1575円)は、
毛布を花や自然の風景、動物などの形に折ってベッドの上に飾る、
日本船独自のおもてなし表現「飾り毛布・花毛布」の作品と折り方を紹介した本。
手旗マグネットは、残り少なかったので、動きが派手な文字を3つ(笑)。
ピリカデザイン

1920年代から30年代にかけての客船全盛期には、
青函連絡船の寝台や国内航路の客船、フェリーの上級船室など多くの船上で折られていたという飾り毛布。
そんな国内航路の客船も少なくなり、海文堂書店も閉店し・・・。
時代の流れで仕方ない部分もあるとはいえ、残念で寂しいですweep

*-*-*-*

ランチは、こちらのお店で。

ベトナムダイニング「HA LANG SON(ハーランソン)」

130930010
元町商店街にあるベトナム料理屋さん。
130930011 130930012
いただいたのは、スペシャルランチコース 1050円。
フォー4種類から1つと、おかず5品から1品選ぶセットで、
私はフォーボーと青パパイヤのサラダをチョイス。

フォーは、じんわりやさしいお味、
パパイヤサラダは、甘酸っぱくてシャキシャキ、
どちらもおいしゅうございました(^^)

*-*-*-*

ランチの後は、雑貨屋さんなどをふらふらしてから、お茶とおしゃべり♪

E.H BANK(イーエイチバンク)。

130930020
旧居留地にあるカフェ&ダイニングバー。

建物は、昭和13年に竣工した、旧チャータード銀行をリノベーションしたものだそう。
130930021 130930022r

130930023 130930024
時代を感じさせる回転扉や、高い天井、重そうな金庫室のドアなどがあって、雰囲気バツグン。

いただいたのは、栗のモンブラン650円と、ブレンドコーヒー500円。
(一緒に注文すると、飲み物は200円引き)
130930025
盛りつけもステキなモンブランは、栗がごろっと入っていて、美味。
座席の配置がゆったりしているので、ゆっくりとおしゃべりできてよかったです。

近江の本いろいろ

滋賀県立安土城考古博物館の酒の文化を紹介するツアー
「旨し酒 醸し醸され冬景色・春景色」がきっかけで読んだ本あれこれ。

ツアーの記事はコチラ↓
 ・2013.01.13 お酒の仕込み体験と近江の料理
 ・2013.01.27 陶芸体験
 ・2013.02.23 早春ひなめぐり
 ・2013.03.10 オリジナル地酒の宴♪
  
*-*- book -*-*

鳰の浮巣―近江の文学風景 西本梛枝 サンライズ印刷出版部
 シンポジウム「歴史を酒とともに流れ」のパネラーのおひとりだった旅行作家・西本梛枝氏の著書。
滋賀銀行発行の季刊誌に連載されていたものをまとめたものだそうで、
島崎藤村、横光利一、司馬遼太郎などが書いた近江を舞台とした小説が、
ゆかりの地の風景写真などとともに紹介されています。
これも近江が舞台だったのね(@_@)という小説がいっぱい。

*-*- book -*-*

草筏 外村繁 サンライズ出版

五個荘町に江戸時代から続く商家に生まれた小説家・外村繁(とのむらしげる)の私小説。
生家は「五個荘近江商人屋敷 外村繁邸」として公開されているので、
作品を読んでから訪ねると、親近感がわいたりも。

「草筏」は芥川賞の候補にもなった作品だそう。
内容は・・・「旧家って、いろいろ重くて。ドロドロもしてて、大変ねー」って感じ?coldsweats01

*-*- book -*-*

街道をゆく(24)近江散歩、奈良散歩 司馬遼太郎 朝日新聞社

司馬遼太郎氏が全国各地を訪ねた旅行記シリーズの近江・奈良編。
司馬独特の文体で、近江の地理や歴史について、いろいろ語ってます。
書かれたのが1980年代半ばなので、今とは情勢が違うところがあるのも、興味深かったり。

*-*- book -*-*

信長のシェフ 西村ミツル・原作 梶川卓郎・作画 芳文社

戦国時代にタイムスリップした料理人(?)ケンが、織田信長の料理頭に取り立てられ・・・というお話。
テレビドラマ化もされました(ミッチー信長、ステキだったっすlovely)。
信長の時代の料理がどんなものだったか(醤油はまだないとか)がわかります。
おもしろいです。

映画と展覧会とごはん@梅田

見たい映画と展覧会があったので、一気に済ませちゃおう!と梅田へ♪

12121801 12121802
上の写真は大阪ステーションシティのイルミネーション。
クリスマスももうすぐですねえxmas

大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

えーっと、まずは朝ごはん(^^;。

◆珈琲の森 モーニングセット(サンドイッチ) 400円
121218c0001 121218c0002
梅田・茶屋町の新御堂筋沿いにある、ちょっぴりレトロな雰囲気の喫茶店。
モーニングは、トーストとサンドイッチがあるというので、サンドイッチをチョイス。
パンがトーストされているというのと、
具の卵が、ゆで卵のサラダじゃなくてオムレツっていうのが、関西っぽいです(^^)
ハムとキュウリも入っていて、食べごたえがあるし、
コーヒーも、しっかりした味わいでおいしいし、
おトク感いっぱいのモーニングでした♪

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

◆映画「砂漠でサーモン・フィッシング」
121212001r
フライフィッシングが出てくる映画というので、見に行きました(^^;。

 「砂漠の国イエメンに鮭を泳がせて鮭釣りをしたい」というアラブの大富豪の依頼が、
イギリス首相まで巻き込んだ国家プロジェクトになり、水産学者のジョーンズ博士は、実現困難と思いながらも、それを引き受けざるを得なくなった。果たしてそのプロジェクトの行方は?・・・というお話。

といっても、「プロジェクトX」のようなお仕事ものでは全然なくて、
人間模様や恋愛模様メインの映画でしたが(^^;。

原作は、ポール・トーディの「イエメンで鮭釣りを」だそうですが、
映画と原作では、登場人物の年齢などの設定が変えられているし、
何よりラストが大きく大きく違うので、受ける印象は全く違いました。

私は、プロジェクトのラストは映画の方が良かったと思うけど
(原作は、読み終わった後、かなりつらかったから(T_T))、
恋愛の決着の付け方については、映画版はちょっとモヤモヤが残りましたですよsign04

砂漠でサーモン・フィッシング オフィシャルサイト

【送料無料】イエメンで鮭釣りを [ ...

【送料無料】イエメンで鮭釣りを [ ...
価格:2,625円(税込、送料別)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

◆映画「フランケンウィニー」
121218f0001
人形を少しずつ動かして撮影するストップモーション・アニメーションというので、
見に行きました。
同じ監督の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』や『コープスブライド』も好みだったし。

で、お話は・・・
事故で死んでしまった愛犬スパーキーを生き返らせる実験に成功した少年ヴィクター。
そのことを知ったクラスメイト達も、次々に死んだペットや動物を蘇らせますが、とんでもないものまで出現してしまい、街は大混乱に。さあ、どうなる?・・・というもの。

キモ可愛いキャラ満載のドタバタストーリーだけど、
ヴィクターと両親の関係がすごくいい感じで、見終わった後は心が温かくなりました。
(「おヒゲくん」の結末には、かなりモヤモヤが残るけどsweat02
それと。「特撮博物館」を見ておいて(モスラの幼虫の姿を知っておいて?)
よかったなー、と思いました(笑)。

前売鑑賞券第2弾は、スパーキーのぬいぐるみストラップ付き♪
121218f0002  121218f0003
ブライス人形がいれば、映画の雰囲気に近い写真が撮れるかもflair

フランケンウィニー

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

◆ホキ美術館名品展
121218ho0001 121218fo0002
阪急うめだギャラリー(阪急うめだ本店9階)にて、12/12から12/30まで。
入場料は800円(阪急阪神お得意様カード・ペルソナカード・阪神エメラルドカード・エメラルドSTACIAカードを呈示すると200円引)。

千葉県にある写実絵画専門の美術館「ホキ美術館」の初の巡回展!だそう。
前から気になっていた美術館だけど、埼玉からでも遠くてなかなか行けなかったので(^^;、大阪で作品が見られて、とてもウレシイです。

展示されているのは、関西在住作家の作品を含む選りすぐりの60点、だそう。
ぱっと見、写真のようなんだけど(でもって、近くでじっくり見ても写真にしか見えない~ってものも多数(@_@))、やっぱり写真とは違う何かがあって、見入ってしまう作品ばかりでした。

ショップでは、クリアファイル(315円)と絵はがき(1枚115円)を購入。
121218fo0003
千葉の方にも、いつか行きたいものでございます。

阪急うめだ本店

ホキ美術館

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

夜はデパ地下で軽く一杯wine

◆JR大阪三越伊勢丹 和酒空間「TASHINAMI~たしなみ~」
   <京都府/熊野酒造>純米吟醸 杜氏の独り言×<稲葉本家> 1575円
121218t0001 121218t00022 121218t0003
地下2階食品フロアにあるイートインコーナー。
日本酒と、それに合う料理がセットでいただけます。

メニューは半月ごとに変わるそうで、この日は、京都・久美浜のお酒と郷土料理。
お酒は、3日前に搾ったばかりの生原酒だそうで、
このしろ寿し、へしこ、まいかの一夜干し、あかいかの麹漬けなどの、
濃いめの味の料理にも負けない、きりっとしたお味。
相性バッチリで、おいしくて、ついついおかわりしちゃいましたよ
(おかわりは1杯210円)。
ぼたもちは、豪商だった稲葉本家がふるまっていたものだとか。
甘さ控えめで美味でした。


ちなみに、今月前半に行った「TASHINAMI~たしなみ~」は、こんな感じでしたよん。
<兵庫県/田中酒造場>白鷺の白 純米吟醸 喜縁×<魚の駅> 1575円
1212041 1212042 1212043

お酒とお料理の予定はココをチェック!
JR大阪三越伊勢丹 食品フロアインフォメーション

本を森と交換してみた

昨年、会津でキャンプをした時に立ち寄った
只見町@福島県にある「たもかく本の街」。
(その時の記事はコチラ
11050307
いらなくなった本を、只見の森と交換してくれるというので、
引っ越しついでに荷物整理も兼ねて、読まなくなった本を送ってみました。

で、2ヶ月ちょっと経って届いたのが、コチラ。
12121100011r 1212110002
段ボール一箱の本&DVDが、2坪の森になりましたですよnote

土地は傾斜地にある雑木林らしいので、家を建てたりはできないけど
(っていうか、2坪じゃ家の建てようもないけど(^^;)、
地図と区割り図を眺めて、ここに自分の土地があるんだなあ~と想像するだけでも、
けっこう楽しいです(夢とロマンshineみたいな?(^^;)。
また本がたまったら送ろうっと。

本と森の交換システムの詳しい内容はコチラへ↓
たもかく

ところざわ・・・?

職場の方から、「所沢が舞台になってるよ~」と
教えていただいた&貸してもらった本。
(ねじまきさま、ありがとう♪)

◆「世界の中心、針山さん①」 成田良悟著  電撃文庫

埼玉県所沢市に住むごくごく平凡な男、針山真吉の周りで起こる
数々の出来事を描いた連作(?)短編集のライトノベル。
(現在3巻まで刊行中)

別に所沢が舞台じゃなくてもいいような気もしたけど(^^;、
ストーリーはバラエティ豊かで、勢いがあって、
連作としての組み立て方もすばらしくて、とてもおもしろかったっすhappy01

*-*-*-*

ついでに。
もしかして所沢?なマンガ。

◆「野田ともうします」柘植文  講談社ワイドKCkiss

埼玉にある東京平成大学の文学部ロシア語科に通う
地味だけど好奇心旺盛で我が道を行く行動力ありの女子大生、野田さんをめぐるお話。
(こちらも現在3巻まで刊行中)

野田さんのバイト先が「ジョリーズT沢店」だったり、
「西部ドーム」や「西部園」に行ったり(どちらも西部=せいべ、らしい(^^;)、
駅前商店街の名前が「PEROPE」だったり、
ところざわっぽい名前がちらちらと出てくるですよ。

NHKの実写ドラマも、マンガのイメージそのままって感じでステキ。
野田ともうします シーズン2

オフコンマイコンミニコンパソコン

2013年春入社のための就職活動が、明日解禁になるそうですね。

新卒での就職活動なんて、はるか昔の話~な私だけど、
最近、履歴書と職務経歴書を書く必要に迫られまして(^^;。
前に書いた書類を参考にしようと、引き出しをあさっていたら、
20年くらい前に、転職用(IT系の職種ではない)に書かされた書類が出てきて、
ちょっぴり時代を感じたので、記念に(?)UPですsmile
(クリックすると拡大します)

1111302

あの頃は、「コンピューターが使えて、タッチタイピングができる」っていうだけで、
「すごい人」扱いだったけど、今は、タッチタイピングなんて、小中学生でもできるし、
シューカツだって、ネットエントリーやSNS活用が当たり前、
履歴書だって、PCに入力して、写真データを取り込み、
プリントアウトしたらできあがり!の時代ですもんねえ。

若いコ相手に、「私が若い頃は、カセットテープにデータを入れててね・・・」などと、
昔語りをしてしまいそうな自分がコワイです(^^;。

*-*-*-*

今回のシューカツもどきで、参考になった本。
 
自己PRとか、自己分析とか、
頭の中だけじゃなく、ちゃんと文章にして考えるというのが大事、
というのがわかりましたぜ。

森ガール☆山ガール

業界初?のオンナノコ向けアウトドアマガジン「ランドネ」。
今月から月刊化されたみたいなので、記念に買ってみました。
(創刊号なんかを買ってみるのが好きなのさ(^^;)

読者の対象年齢は、20代~30代後半くらいかな?
本格派のアウトドアウェアやグッズを組み合わせた
「機能的な森ガール」って感じの、かわいらし~いアウトドアファッションが満載で、
眺めてるだけでも楽しい本でございました。
(「ああ、若いっていいなあ~」とため息もついてみたり(苦笑))
しかし、スカートで野外フェスやキャンプ場って、
虫に刺されたりはしないんでしょうかねえ?(@_@)

*-*-*-*-*

サヤカさんと奈々子さんを、
手持ちの服でランドネ風スタイルにしてみた
100629001
・・・つもりだったんだけど、なんか違う・・・(-_-)

*-*-*-*-*

(07/07追記)
書店に行ったら、女子向けのアウトドア雑誌が増えていてビックリ。

モンタニュ(01st)

モンタニュ(01st)

価格:880円(税込、送料別)

  
falo (ファーロ) 2010年 08月号 [雑誌]

falo (ファーロ) 2010年 08月号 [雑誌]

価格:880円(税込、送料別)

「モンタニュ」はぶんか社、「ファーロ」は小学館から。
どちらもムック扱いのようだけど(「ファーロ」は「ビーパル」の増刊号)、
いやあ、ホントにブーム(にしようとしてる?)なんですねえ(@_@)。

そうだ、図書館行こう

本を読むときに図書館を利用することも多い私。
昔にくらべると、開館時間が長くなったり、自宅のネットで本を予約できたり、
予約した本をコンビニで受け取れたり、
いろいろ便利になったなあ、とは思ってましたが、
最近は全国の図書館の蔵書を横断検索できる検索サイトなんてのもあるようで(@_@)。

◇カーリル
カーリル

検索先の図書館は、全国4372館の中から任意に選んで設定可。
検索スピードがちょっと遅いので、利用してる図書館が1館だけで
探すのは目的の本だけというのなら、
その図書館のサイトで検索した方が早そうだけど、
Amazonのデータベースと連動していて、本の表紙画像が見られる、とか、
検索した本と関連した本まで表示されるとか、
今話題の本のリストが表示されるとか、読みたい本や読んだ本のリストが登録できる、
なんて機能があるのは、便利です。

まあ、借りるばかりじゃなくて、
イイ!と思った本はちゃんとお金を出して買わなきゃダメだよなあ、
とも思いますが。

*-*-*-*-*

公共図書館のサイトといえば、クスッと笑えるのが
福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」
人の記憶って、こんなにもあいまいなモノなんだなあ、と
ある意味感心させられます(笑)。

私が遭遇して印象に残ってる「覚え違い」は、『真山仁の「レッド」』。
確かに、平積みされてるのをパッと見ただけだと、
勘違いしちゃいそうな表紙ですが(^^;。

     
(正しいタイトルは「レッドゾーン」。上下巻になってます)

*-*-*-*-*

そうそう、図書館の職員さんって、けっこういろんなタイプの人がいらっしゃるから、
本の相談をするなら、カウンター周りで応対をちょっと観察して、
相性の良さそうな人にお願いするのがオススメっすよ(^^;。

らぶりぃ埼玉

埼玉県内の主な駅などで配布されている
コバトンの埼玉情報「Vividly!(ビビドリー)」
100416001 100416002
県内のあれこれが紹介されていて、なかなか楽しゅうございます。

現在配布中の35号では、
「ジャポニズム47」というマンガが紹介されていたりも。

「都道府県擬人化マンガ」だそうですが、
作者が埼玉出身だからか、埼玉県がらみの細かいネタ多し。
地味でけなげな埼玉くんに、クスッとさせていただきました。

ジャポニズム47公式ウェブサイト
 ちょこっと試し読みもできます。

*-*-*-*

埼玉県って、県内の移動がしにくくて、
同じ県なのに行ったことない~って場所も多いんだけど、
(ほとんどの鉄道が東京に向かってるので、
たとえば、県庁所在地のさいたま市より、池袋とか新宿に行く方が近かったりする)
もうちょっと地元に目を向けるのもいいかなー、と思う今日この頃。

ってことで、おでかけの参考にはコチラ。
ご当地コバトンの旅日記
 ぬいぐるみコバトンが紹介する県内各地の「ご当地」。
 更新を楽しみにしつつ、「人形写真の旅行記」ジャンルとして、 
 ひそかにライバル視もしている私であります(笑)。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

勝手にブックマーク


無料ブログはココログ